トップ > 調査情報 > 南信 > 龍源寺跡 > 龍源寺跡 平成28年度整理情報(2)

龍源寺跡

ふりがな
りゅうげんじあと 
住所
飯田市上久堅  マップ
立地
西方に傾斜する谷状地形 
事業名
国道256号上久堅拡幅 
調査期間
平成27年4月-8月 
時代
中近世 
遺跡の種類
寺院跡 
備考
 

2016年7月14日

龍源寺跡 平成28年度整理情報(2)

龍源寺跡では、今年度末の報告書刊行に向かい本格整理作業を行っています。現在、発掘調査で出土した遺物の復元・実測と、デジタルトレースにより報告書に掲載する図面を作成しています。

【遺物復元】

発掘時に破片で出土した中世の土器を接合した後、空白部分に石膏を入れて復元している様子です。

【土器実測】

中世の遺構から出土した陶磁器(古瀬戸の平碗)を実測している様子です。

【図面の作成】

報告書に掲載する図面を作成しています。写真は、龍源寺跡とその周辺の地質図を作成している様子です。

カテゴリ:龍源寺跡

ページのトップへ