トップ > 調査情報 > 北信 > 石川条里遺跡 > 石川条里遺跡 平成29年度調査情報(1)

石川条里遺跡

ふりがな
いしかわじょうりいせき 
住所
長野市篠ノ井塩崎  マップ
立地
千曲川左岸の後背湿地 
事業名
一般国道18号(坂城更埴バイパス)改築事業 
調査期間
平成28年4月-11月 平成29年4月- 
時代
弥生・古墳・平安・中世・近世 
遺跡の種類
水田跡 
備考
 

2017年5月2日

石川条里遺跡 平成29年度調査情報(1)

坂城更埴バイパス建設に伴う石川条里遺跡の発掘調査が始まりました。現在は、県道長野上田線の東側で調査をしています。

【発掘作業開始式】

4月13日(木)、今年度の発掘調査が始まりました。写真は 発掘作業開始式の様子です。

【周辺の遺跡】

現在発掘調査を実施している調査区を東から撮影した写真です。写真中央にある三角形の尾根には、越将軍塚(こししょうぐんづか)古墳と赤沢城跡(あかざわじょうせき)があります。その尾根の麓では、長谷鶴前(はせつるまえ)遺跡群の発掘調査を行っています。



【水田跡の調査】

平安時代の水田跡を調査しています。平安時代の水田跡は、千曲川の洪水砂で覆われているため、その砂層を掘り下げて畔や水田面に残る足跡と思われるくぼみなどを検出しています。

【水田跡の畔の検出状況】

写真中央の黒色の部分が畔で、その両側の明るい部分が洪水砂です。洪水砂を取り除くと水田面が現れます。

【水田面に足跡?】

畔の両側の水田面には、足跡と思われるくぼみが多数あります。水田を覆う洪水砂がこのくぼみにも埋まっています。

【土層断面の記録】

土層の断面を記録している様子です。

【水田跡の記録】

水田跡の調査で検出した畦は、電子平板という測量機器を用いて記録しています。

カテゴリ:石川条里遺跡

ページのトップへ