トップ > 調査情報 > 北信 > 小島・柳原遺跡群 > 小島・柳原遺跡群 H29年度調査情報(3)

小島・柳原遺跡群

ふりがな
こじま・やなぎはらいせきぐん 
住所
長野市大字柳原1561ほか  マップ
立地
千曲川左岸の自然堤防上 
事業名
長野東バイパス改築事業 
調査期間
平成28年6月-11月 平成29年4月- 
時代
弥生・古墳・平安 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2017年7月4日

小島・柳原遺跡群 H29年度調査情報(3)

柳原住民自治協議会による遺跡の見学会が6月28日にありました。地域の皆さん23名の参加があり、熱心に調査の様子をご覧になっていました。

【調査区の見学】

一段高い場所から、調査区全体を見学していただきました。 遺構が重なり合っている様子がよくわかります。

【竪穴(たてあな)建物跡の説明】

前日夜に雨が降りましたが、竪穴建物跡の間近で見学していただくことができました。参加者からは、遺跡や遺構に関する質問が多く出されました。

【遺物の説明】

平安時代の土師器(はじき)や須恵器(すえき)、土製のおもり、陶製 の容器のフタ、お茶の道具である風炉(ふろ・ふうろ)の破片など、今年出土した遺物を見ていただきました。

カテゴリ:小島・柳原遺跡群

ページのトップへ