トップ > 行事案内・お知らせ > 令和元年度 職場体験(1)

2019年7月23日

令和元年度 職場体験(1)

7月17日(水)~19日(金)の3日間、長野市立篠ノ井東中学校、川中島中学校、広徳中学校の2年生各3名計9名の職場体験(発掘、整理、図書の各作業)を実施しました。

【水田跡の発掘】

発掘作業では、平安時代の水田跡を調査してみました。洪水の砂に覆われていた古代人の足あともうまく掘りおこすことができました。

【測量】

最近の調査で行われている電子機械を使ったデジタル測量もやってみました。

【注記】

出土した場所、地層、日付などを、洗浄が済んだ土器や石器に、作業員さんに手伝ってもらいながら、機械で印字する作業をしました。

【接合】

注記が終わったあとに、土器を接合します。パズルのようですが、立体的に組みあがっていくので、なかなか難しいです。

【実測】

注記が終わった土器を改めてじっくり観察し特徴をとらえた上で、マコ(型取り器)を土器にあてて微妙な形を写し取り、記録します。

【拓本】

湿らした専用の和紙を密着させ、上から墨をなじませたタンポを打って土器の表面の模様といった微妙な凹凸を写しとります。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ