トップ > 行事案内・お知らせ

2020年11月13日

中野市博のお散歩講座(出前講座)

出前講座「中野市博のお散歩講座」:自ら歩き考える、令和版「草鞋(わらじ)史学」

 

 

 11月8日(日)に中野市立博物館による野外イベント「学芸員お散歩講座弥生時代の歴史見て歩き~栗林遺跡と南大原遺跡~」に講師としてお招きいただきました。栗林遺跡から南大原遺跡までの約1キロをのんびり2時間かけて歩きました。参加した皆さんは18名。講師や市博学芸員の遺跡にまつわる話に耳を傾けつつ、暖かい陽光の下、2千年前の弥生時代に思いを馳せた秋の一日となりました。



【こんなところに県史跡標柱があった】

 千曲川沿いに入ると、果樹畑が広がります。その農道脇に「県史跡 栗林遺跡」の立派な標柱が立っています。「畑の下1mには北信濃を代表する弥生時代の集落遺跡「栗林遺跡」が大切に守られています。」という話しに、皆さんからは「へえー、知らなかった」という声も聞かれました。

 さあ、遺跡の中を歩いてみましょう。

 



【歩いてわかった地形の変化】

 用水を越え、農道を進みます。赤く色づいたリンゴを目で味わっていると、

「さあ、今来た道を振り返ってみましょう」「あれっ、用水より少し高くなっている」

「弥生集落は千曲川に運ばれた土砂がたまってできた、水はけのよい高台(自然堤防)にあります。」

 歩いてみないと分からない微地形を体感できました。

 



【千曲川堤防から南大原遺跡を遠望する】

 栗林遺跡を抜けて、千曲川の堤防上にやってきました。千曲川が今の場所を流れるようになったのはおよそ150年前のことです。洪水に悩まされた地域の人々が協力して、蛇行していた千曲川を真っすぐにする“瀬直し”が行われました。「今皆さんが立っている堤防の真下が弥生時代の千曲川なんです。」「えー。」驚きの連続です。



【弥生時代の中野市、ここがすごい!】

 「千曲川の両岸が広く開けているこの一帯は、北陸地方とシナノを結ぶ重要なルート上にあたり、山を越え川に沿って行き交う人たちが荷降ろしできる “川の港”だったと考えられます。」

 「弥生時代の中野市は、柳沢遺跡の青銅器埋納坑に象徴されるように広域流通の要(かなめ)でした。南大原遺跡でも、こうした地の利を活かし、いち早く最新の文化や技術を手に入れていたようで、当時の先端技術である、鉄器作りの証拠がみつかっています。」とまとめました。

 「当時の道はどんなつくりだったのか」「川を渡る方法は?舟はあったのか?」参加された皆さんからもたくさんの意見や疑問が飛び出しました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年10月16日

篠ノ井地区の遺跡・歴史散策を実施しました。

 10月15日(木)に篠ノ井老人福祉センター講座「おとなりさんの考古学入門第5回 篠ノ井地区の遺跡・歴史散策」で 講座申込者15名とスタッフの方2名の計17名を、埋蔵文化財センター及び周辺の文化遺産へご案内しました。



【センター展示室のご案内】

   まず、展示室に集合いただいて、センターの出土品を皆さんにじっくりとご覧いただきました。

【旧更級郡役所記念碑と津崎尚武氏胸像】

 明治時代に更級郡長津崎尚武(つさきひさたけ)氏が、もともと篠ノ井塩崎にあった郡役所を当地に移しました。津崎氏は、現在の篠ノ井の発展に貢献した人です。縁あって現在記念碑とともにセンター内に氏の胸像があります。

【津崎町の鼻顔稲荷】

 郡役所移転に伴って設置された新道は、郡長にあやかって津崎町(つざきちょう)と命名されました。この津崎町には、鼻顔(はなずら)稲荷がありますが、勧進元は、日本五大稲荷の一つ、佐久市鼻顔稲荷です。そして、なんとこの近くには、センター旧佐久調査事務所がありました。埋文センターとは深い縁がある神社かもしれません。

【防空壕跡地】

 津崎町通りをさらに南へ歩いていくと、商店街駐車場がありますが、ここに防空壕がありました。戦争末期昭和20年8月13日に長野空襲で篠ノ井女学校(現県篠ノ井高校)も爆撃されています。現在はのどかな風景ですが、平和の尊さが改めて感じられました。


 当日の配布資料(PDF1.91MB)

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年10月2日

講演会「塔鋺形合子は何を語る」を開催します!

長野県埋蔵文化財センターの発掘調査の成果を皆さまにご紹介するため、

下記の日程で講演会「掘るしん in ながの 2020-塔鋺形合子は何を語る―」を開催します。皆さまのお申込みをお待ちしています!

 

1日 時: 2020年 12月12日(土)
     午後1時30分~午後3時50分

 

2場 所: ホテルメトロポリタン長野 2階
     千曲(長野駅善光寺口駅ビル直結)

 

3内 容: 詳細は別紙チラシをご覧ください。
     講演会(掘るしんinながの2020)チラシ(924KB)

 

入場無料:要申込み(定員50名)

申込方法:往復はがき1枚につき、1名の申込みとなります。

・往信の文章面に①お名前、②ご住所、③ご連絡先(電話番号あるいはメールアドレス)

 返信の宛名面に、申込者のご住所、お名前をご記入の上、
 長野県埋蔵文化財センターまで郵送してください。

・11月13日(金)必着。なお、申込者多数の場合は抽選となります。
 受講決定は返信ハガキの発送をもって代えさせていただきます。

・返信はがきは、当日会場へお持ちください。出席の確認をさせていただきます。

 

 

 

 

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年9月28日

考古学関連書籍無料配布のお知らせ

 

【考古学関係書籍・発掘調査報告書の提供】

 当埋蔵文化財センター蔵書書籍の内、重複して所蔵する書籍を無償配布いたします。

         除籍本リスト 除籍本リスト(一般書)(pdf 132KB)(2020.10月14日更新)

         除籍本リスト(県内報告書)(pdf 676KB)   調整中です。

         除籍本リスト(県外報告書)(pdf 1.45MB) 調整中です。

 

 重複所蔵書籍リストを確認の上、

 ①郵便番号・住所

 ②氏名

 ③電話番号

 ④希望の書籍名

 を下記メールアドレスに連絡願います。

 

希望する書籍をお知らせください。

なお、書籍の提供に関わる送料はご負担いただきますので、ご了解願います。 書籍は、宅配便着払いで送付いたします。

 

※書籍の提供は先着順とさせていただきます。リストに掲載された書籍が提供できない場合がありますので、

 ご了解いただきますようお願い申し上げます。

 

◆連絡先◆

 長野県埋蔵文化財センター

 

  情報係 E-mail:info☆naganomaibun.or.jp(☆を@に変えてください)

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年9月4日

出前講座(通明小)へ行ってきました!

 8月25日(火)、長野市立通明小学校の6年生(121名)に向けて「長野県埋蔵文化財センターの仕事について」出前講座を実施しました。

【発掘調査ってどうやるの?】

 小学校の近くにある遺跡や当センターの中心的な業務である発掘調査の手順について、スライドを交えて説明しました。熱心にメモをとっていた姿が印象的でした。 また、授業のなかでは、約5000年前の縄文土器と石器にも実際に触ってもらいました。木を切る磨製石斧は「思ったよりも重い!」との声が上がっていました。

【素敵なプレゼントをいただきました!】

 出前授業の翌日には、6年生の皆さんの感想をまとめたものをいただきました。皆さん、考古学に興味をもっていただいたことがわかり、とてもはげみになります。ありがとうございました。早速、展示室に掲示させていただきました。



カテゴリ:行事案内・お知らせ

次のページ>

ページのトップへ