トップ > 行事案内・お知らせ

2020年6月30日

出前講座(三輪小学校)に行ってきました!

 6月17日(水)長野市立三輪小学校の6年生(59名)に向けて「縄文時代から弥生時代へ、人々の生活がどのように変化していったのか」について出前講座を実施しました。

【縄文時代と弥生時代の生活について】

人々の暮らしが変化していった様子を食料の獲得方法などから説明しました。みなさん事前学習がしっかりできていて、理解が早く熱心に聞いていただきました。

【縄文土器を持ってみた!】

「ザラザラしていて、厚ぼったく重たい!」 実際に遺跡から出土した土器に触れ、土掘り具や木を切る道具などの石器を観察しました。

【弥生土器を持ってみた!】

「薄くて軽い!」 学校の近くから出土した弥生土器に触れ、また、銅鐸のレプリカの大きな音に驚いていました。

【土器の文様を再現する!】

縄や貝・櫛などを使って粘土に土器の文様を再現し、どの文様がどの工具でつけられているのか観察しました。想像した文様と違う文様が粘土に現れると驚きが隠せません。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年5月27日

展示室、閲覧室(図書室)を6月1日(月曜日)から開館しました。

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、

2020年4月15日(水曜日)から5月31日(日曜日)まで、

展示室、閲覧室(図書室)を臨時休館しておりましたが、6月1日(月曜日)より開館いたしました。

 

なお、引き続き感染拡大防止のため、①マスクの着用、②手指の消毒、③ご連絡先等の記入をお願いいたします。

 

お手数をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

 



カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年4月8日

年報36号を刊行しました。

2019年度、長野県埋蔵文化財センター年報36を刊行いたしました。下記よりダウンロードできます。

年報36(11.3MB)

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年3月2日

塔鋺形合子(とうまりがたごうす)模造品の製作ー長野市小島・柳原遺跡群出土ー

当センターで発掘調査を行い、平成28年に発見した長野市小島・柳原遺跡群出土の塔鋺形合子について実物大模造品を製作しました。

古代の塔鋺形合子は、金属を溶かして鋳型(いがた)に流し込む鋳造で形をつくり、削り出しの技法で仕上げました。今回の模造品製作では、全工程を旋盤(せんばん)加工による削り出しによって製作しています。(協力:株式会社コヤマ 株式会社成宗製作所) 

【素材】

使用した素材は銅合金です。

【旋盤(せんばん)1】

旋盤開始。小さな穴を開けます。

【旋盤2】

刃先を替えて穴を広げます。

【旋盤3】

蓋(ふた)の装飾部分の概形です。

【旋盤4】

塔の形に仕上げていきます。

【完成】

古代の輝きがよみがえりました。

☆完成した模造品は当センターで展示しております。



カテゴリ:行事案内・お知らせ

2020年2月26日

「かがみちゃんと学ぼう ジュニアこうこがく」第8号を刊行しました!

 かがみちゃんと学ぼう ジュニアこうこがく」は

 歴史の学習を始める小学6年生を対象とした

 考古学を身近に学べる刊行物です。

 第8号では旧石器時代を特集しました。

 長野県内の小学6年生の児童全員に配布する予定です。

 

 刊行物はこちらからご覧いただけます。

 ジュニアこうこがく8号

 


カテゴリ:行事案内・お知らせ

次のページ>

ページのトップへ