トップ > 行事案内・お知らせ

2019年2月7日

縄文土器と土偶のレプリカ完成

当センターで発掘調査を行った栄村ひんご遺跡出土の火焔(かえん)型土器・土偶(頭部)と、朝日村山鳥場遺跡出土の土偶(頭部)の、実寸大レプリカを作成しました。(協力:株式会社芸匠)
 
【型取り】

  遺物の表面にスズ箔を貼って保護をして、シリコンで型をとります。 

【成形】

  型に樹脂を流し込んで、実物と同じ大きさのものができあがります。

  重量も再現するために、樹脂の中には重りとして鉛が入っています。 

【彩色】

  丁寧に彩色をしています。

  土に含まれている鉱物なども細かく再現しているので、

  より実物に近い仕上がりとなります。 

【完成】

  実物がどちらかわかりますか。

 

  体験授業などで実際に触れていただくことができますので、

  ぜひお問い合わせください。

 

 

 

(左が実物です。)

 

 

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2019年2月7日

「かがみちゃんと学ぼう ジュニアこうこがく」第7号を刊行しました

「かがみちゃんと学ぼう ジュニアこうこがく」は

歴史の学習を始める小学6年生を対象とした、

考古学を身近に学べる刊行物です。

第7号では縄文時代のくらしを特集しました。

平成31年春、長野県内の小学6年生の児童全員に配布いたします。

 

刊行物はこちらからご覧いただけます。

ジュニアこうこがく7号

 


カテゴリ:行事案内・お知らせ

2018年12月14日

石川条里遺跡・長谷鶴前遺跡群 現地説明会を実施しました!

11月23日(金)、石川条里遺跡長谷鶴前遺跡群で現地説明会を開催しました。当日は、現地で検出した遺構を説明し、現場プレハブで出土遺物と調査写真を展示して説明しました。当日は天気にも恵まれ、長野市と千曲市在住の方を中心に約130名の来場者があり、調査成果を実見していただきました。

【全体説明の様子】

現地説明会開催に際し、坂城更埴バイパス改築工事に伴う発掘調査の経緯や、今までの調査成果について説明しました。

【石川条里遺跡での現地説明】

7b・8区で発見した弥生時代の水田跡を見学していただきました。不規則にのびる大畔と大畔に囲まれた区画が不整形であること、大畔は木材(芯材)を埋め込んでつくられている状況を説明しました。地下に弥生時代の水田跡が眠っていることに驚く来場者が多く、現在の水田とかなり様子が違うとの感想がありました。

【長谷鶴前遺跡群での現地説明】

2区(市道下)で発見した、室町時代の道路跡と居館の堀跡を見学していただきました。道路跡は、居館の堀跡によって壊されて、人工的に埋められていた状況などもあり、土地の使い方が大きく変化していったことを説明しました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2018年11月2日

平成30年度 職場体験(5)

10月23日(火)に、長野県小諸高等学校1年生、男子8名、女子2名の計10名の就業体験(整理作業)を実施しました。 

【土器の接合】

発掘現場から出土した古代の土器を実際に接合してみました。いろいろな種類があって、なかなか思うようにはいきませんが、大事な作業です。

【復元体験】

破片を接合、接着してみても、どうしてもたりない部分があります。そうした時には、不足部分に「石膏(せっこう)」を補います。充填した石膏が固くなるまえに、表面を丁寧に削って形を整えます。

【図書の整理】

センター所蔵の貴重な発掘調査報告書などの図書を、すでに作成してある台帳をもとに確認しました。

【体験のまとめ】

事前に就業体験については、センター職員から説明を受けていましたが、話で聞いていたことと実際やってみたことでは、どのように違っていたかなどを中心に、簡単にまとめてみました。出土した土器を実際に触って、古代の息吹を体感できたといった感想がありました。





カテゴリ:行事案内・お知らせ

2018年10月22日

平成30年度 職場体験(4)

10月11日(木)~12日(金)の2日間、長野市立川中島中学校の2年生3名の職場体験(発掘、整理の各作業)を実施しました。 

【出土品の洗浄】

現場では、実際に遺跡から出土した土器などの遺物を洗浄してみました。

【土器の接合】

遺跡から出土した土器を3人で力を合わせてつけてみました。なかなか難しい作業でしたが、意欲的に取り組めました。

【センターの図書室】

発掘した遺跡は「報告書」という形の本になります。前日に洗浄・接合した土器もいずれ図や写真で記録します。全国のこうした報告書や歴史系の本が収蔵されています。

【蔵書点検】

当センターでは、現在約8万冊の報告書を中心とした図書が、調査用の資料として図書室に収納されています。一冊一冊が貴重な資料ですので、収納場所が管理の記録と食い違っていないか調べます。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

次のページ>

ページのトップへ