トップ > 行事案内・お知らせ

2018年2月8日

「信州の遺跡 第12号」を刊行しました。


 長野県内の遺跡の情報をわかりやすく紹介する、

 

 長野県の埋蔵文化財情報誌「信州の遺跡 第12号」を刊行しました。

 

 情報誌はこちらから御覧いただけます。

 

 

 「信州の遺跡第12号」(8p 1.5MB)



カテゴリ:行事案内・お知らせ

2017年12月26日

柳沢遺跡発掘調査速報展を実施しました!

12月4日(月)~15日(金)の間、長野県北信合同庁舎一階ロビーにて、長野県北信建設事務所の依頼により、『柳沢遺跡発掘調査速報展』を実施しました。およそ200名の皆様に見学していただきました。

【速報展の様子】

 写真パネルで、平成18~20年度に調査した築堤地点の調査成果と合わせて、平成29年度の調査成果を紹介しました。

【写真パネルの解説】

 速報展初日に、写真パネルの解説を行いました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2017年11月24日

信更小学校へ出前授業に行ってきました!

11月22日(水)の長野市立信更小学校での出前授業では、6年生のクラス(児童5名、先生1名)の皆さんと有意義で楽しいひと時を過ごすことができました。

【三沢勝衛先生】

長野県の考古学第一人者、藤森栄一先生が考古学を志す「心の灯」をともしてくれた恩師、三沢勝衛先生はなんと信更地区のご出身だそうです。生家に建てられた碑の拓本と本が、飾ってありました。考古学との縁を感じ、玄関でいきなり感激!

【土器の洗浄】

センター職員の説明に従って、土器を丁寧に洗っていきます。だんだん、複雑な文様が出てきて、驚きの声もあがりました。

【文様の説明】

縄文土器にはいろんな文様がついています。センター職員の説明に熱心に耳を傾けていました。質問もいっぱいでました。

【縄文をつけてみる】

縄目の文様「縄文」をどうやってつけたかは、昔の考古学者も復元に苦労しましたが、みんな筋がよくて、あっという間に体得したようです。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2017年11月8日

桐原地区文化祭で小島・柳原遺跡群出土品の展示をしました。

11月5日(日)に開催された柳原地区文化祭で、出土品の展示をしました。 住民の皆さんの力作とともに、小島・柳原遺跡群から出土した土器や石製品を多くの皆さんにみていただきました。

【文化祭会場の入り口】

会場は、柳原総合市民センター内にある柳原公民館。当日はとても良い天気で、屋外での催しも気持ち良さそうにおこなわれていました。

【出土品の展示】

今年出土した平安時代の土器、墨書土器、石製品、土製品、さらに昨年出土した塔鋺形合子(とうまりがたごうす)のパネルも展示しました。

【出土品の見学】

来場された方たちは、職員の説明をききながら、古代のベルト飾りである石製の丸鞆(まるとも)や焼き物でできた魚取り網のおもりなどの出土品を、熱心にご覧になっていました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

2017年11月2日

センター職員が戦国武将になりました!

長野市の真田宝物館で、松代甲冑隊(まつしろかっちゅうたい)の方にご協力いただき、当センター職員が戦国武将に変身してみました。甲冑は本物ではなくイベント用に作られたものですが、意外と重かったりして悪戦苦闘の連続でした。

【甲冑の下に着るもの】

甲冑を付ける前に、紫色の着物をつけて袴(はかま)をはきます。袴の帯を締めてもらっています。

【草鞋(わらじ)を履く】

草鞋から足の指がはみ出ていますが、これで良いのです。足の指で地面をつかむ様に歩いたり走ったりするので、指が出ていないと困るのです。

【甲(よろい)を付ける】

2人がかりで甲を付けています。紐できつく縛るのでちょっと痛く、そして意外と重かったです。

【ご協力ありがとうございました】

武将姿の写真は、当センターが刊行している『ジュニア考古学』の最新号に掲載される予定です。ご協力いただいた真田宝物館、松代甲冑隊の皆さん、本当にありがとうございました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

<前のページ

次のページ>

ページのトップへ