トップ > 調査情報

2021年8月31日

座光寺石原遺跡 2021年度発掘調査情報(4)

【古墳の調査進む】

 ナギジリ2号古墳は、天井石を残した状態で上空から3D測量のための写真撮影を行いました(写真左下)。この写真を使って平面図を作成します。続いて天井石を取り除いて、石室の上面を露出させました。取り除いた天井石には花崗岩が使われており、大きなものは横幅210センチ余り、重さは約3.2トンあります(写真右下)。今後は、墳丘の裾まで掘削して古墳全体の形状を明らかにする一方で、石室内部を慎重に掘り下げていく予定です。

    

 

 

【9区の調査終了】

 6月に高坏が出土したSK04は、南北の最大長264㎝、最大幅125㎝、深さ26㎝の土坑墓と考えられます。北を頭に埋葬したとすると、足元に古墳時代後期の土師器の坏が5つ置かれ、胸のあたりから鉄鏃が9本出土しています(写真下)。

   

 

座光寺石原遺跡発掘だより第6号(1250KB)

カテゴリ:座光寺石原遺跡

2021年8月23日

真光寺遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

 4月から現在までは遺跡の東側(第1調査区)を調査しており、現和田堰のもとと考えられる溝跡、8世紀初頭と考えられる古墳、土坑群、焼骨が含まれる集石などが発見されました。8月末からは、遺跡の中央付近(第3調査区)の調査に入ります。

 なかでも、古墳の発見は波田で初めてであるため、周辺住民の関心が高いことから、7月11日(日)に地元現地説明会および報道公開を開催しました。

 

【地元現地説明会】

 説明会は、コロナ渦のため、波田第1区住民を対象とし、事前申し込み制で行いました。 午前10時30分と午後1時30分の2回、全体説明を行いましたが、発見された古墳を見て驚き、感心する見学者が多かったです。

真光寺遺跡現地説明会資料(581KB)

 

 

 

【古墳の全景】

 古墳は、墳丘、石室、周溝が残っていました。墳丘径約12m、周溝幅約1.5m~2m、石室全長は約7.5m、幅は奥壁で1.1m、入口部で1.85m、となります。

 

 

 

 

 

【石室の調査】

 石室の側石を精査している風景です。石室は細長いかたちをしていて、比較的大きい河原石(長径50㎝程)を丁寧に積んでいることがわかりました。

 

 

 

 

 

【石室内部の様子】

 石室の内部は、羨道(せんどう:①)、前室(ぜんしつ:②)、玄室(げんしつ:③)の3つにわかれていました。羨道と前室の境に、袖石の痕跡と框(かまち・しきみ)がみつかりました(矢印)。

カテゴリ:真光寺遺跡

2021年8月23日

五郎田遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

【発掘調査開始から4か月がたちました】

 7月末の時点で調査を行った竪穴建物跡は23軒にのぼります。弥生時代から平安時代の竪穴建物跡がはげしく重なり合っており、みつけるのに苦労します。また、柱穴と思われる穴も数多くみつかっており、正確な数はまだわかりませんが、相当数の掘立柱建物跡の存在が予想されます。当初の予想よりも遺構が多くみつかったため、順次作業員さんを増員して、現在は20人体制で発掘作業を行っています。

 

【古墳時代の竪穴建物跡】

 写真は5世紀前半ごろ(約1600年前)と推定する竪穴建物跡です。この竪穴建物跡の中央から北側には、埋土の中から炭化物が集中してみつかり、高坏などほぼ完形の土器も出土しています。竪穴建物跡が廃棄され、埋没する過程で、意図的に火を焚いて土器を投棄していたものと推定しています。

 

 

 

【様々な石器】

 打製石斧(写真左)や石包丁(写真中)など、調査区からは様々な石器がみつかっています。弥生時代の遺構からはもちろん、それ以降の時代の遺構や検出面からも多く出土しており、石製の道具が弥生時代以後も利用されるという飯田地方の特徴をみることができます。

 また、勾玉(写真右)や管玉も出土しています。

  

 

五郎田遺跡発掘だより第2号(559KB)

カテゴリ:五郎田遺跡

2021年7月12日

五郎田遺跡 2021年度発掘調査情報(1)

【発掘調査が始まりました】

 五郎田遺跡は弥生時代からの集落跡と推定されており、飯田市内初のリニア中央新幹線建設に伴う本格的な発掘調査を行っています。

 4月中旬から重機で遺跡を覆う表面の土を除去し、人力で遺構を見つける作業を行った結果、竪穴建物跡と掘立柱建物跡がそれぞれ約20軒、土坑約200基などが重なった状態で見つかりました。

 

【遺跡の立地と周辺の遺跡】

 遺跡は天竜川右岸の東側に向かい緩やかに傾斜する低位段丘面に立地し、遺跡の西南には土曽川(どそがわ)が天竜川に向かって流れています。五郎田遺跡は以前から古代の土器が散布する場所として知られていました。

 五郎田遺跡の土曽川対岸には弥生時代の大集落である丹保(たんぼ)遺跡や方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)が発見された橋爪(はしづめ)遺跡、弥生時代から古代にかけて大規模な集落が形成された堂垣外(どうがいと)遺跡・ママ下遺跡などが見られます。

 

 

 

 

【注目される恒川官衙遺跡との関係】

 五郎田遺跡は伊那郡衙(古代伊那郡の郡役所)と推定される国史跡の恒川(ごんが)官衙遺跡や堂垣外遺跡が同一の段丘面にあり、その関係が注目されています。堂垣外遺跡は倉庫と考えられる総柱の掘立柱建物跡や礎石を持つ竪穴状遺構が検出され、三彩陶器や畿内系土師器、円面硯(えんめんけん)、銅製帯金具(おびかなぐ)、馬具などの特殊な遺物が出土しており、地方官衙に関係する集落であったと推定されています。五郎田遺跡からも同様な遺構、遺物が発見されることが期待され、恒川官衙遺跡や堂垣外遺跡とともに、伊那郡衙を支える有力集落であった可能性を想定して調査しています。

 

 

 

 

五郎田遺跡発掘だより第1号(451KB)

カテゴリ:五郎田遺跡,調査情報

2021年7月5日

孫七坂遺跡 2021年発掘調査情報(1)

 南牧村との境に連なる山稜の北側斜面の谷筋に、今年4月から調査を開始した孫七坂遺跡は立地します。縄文時代前期の土器が出土したという記録が残っていますが、発掘調査はおこなわれたことはなく、遺跡の実態はわかっていません。今回の調査は、砂防ダムの建設に伴い実施することになり、その調査は深い場所で、5mにも及ぶ盛土との闘いになりました。



【遺跡遠景】

 南相木川につながる谷筋に立地している孫七坂遺跡周辺には、高原野菜を育てる畑が多くあります。高原の心地のよい風を感じながらの調査になりました。



【調査開始】

 4月26日に開始式をおこない、本格的に発掘調査が始まりました。作業員のなかには発掘作業が初めての方もいましたが、懸命に作業をおこなっていました。図面作成では、全員が協力して土層の堆積状況を図化している姿が印象的でした。



【「盛土」との闘い】

 調査開始から、約1か月経過しましたが未だに遺物は出てきません。調査も、工事用道路部分から堆砂地部分へと移りました。ここは、非常に厚い盛土で被覆されていました。そのため、原地形の状況を明らかにすることを目的に、5m近い盛土を重機で剝がしていきました。



【土器出土!】

 5月25日、午後3時すぎのことでした。調査現場は心地よい風と、重機の音が聞こえる穏やかな午後を迎えていました。それは、突然のことでした。一人の作業員が調査担当者に声をかけました。「土器が…出ました。」これまでの、盛土との闘いに一つの終止符が打たれた瞬間でした。土中から現れた縄文土器は、たった一片でしたが1か月間探し続けていたもの。見つけ出した喜びは、ひとしおです。この日は、きっと忘れられない一日となったことでしょう。



【調査終了】

 6月18日に、発掘作業は終了しました。成果として、遺物は縄文土器7片、中近世のものと思われる陶磁器1片がみつかりました。縄文土器に関しては、縄文時代前期にみられる、竹を半分に割ったような道具で施した文様のある土器もみつかり、以前みつかったとされる土器と同時期のものかもしれません。遺構は発見できませんでしたが、遺物を包含する層が所々にあることが分かりました。

 発掘調査では、南相木村教育委員会はじめ多くの方がたからご協力をいただきました。ありがとうございました。



孫七坂遺跡発掘だより№1(271KB)

カテゴリ:孫七坂遺跡,調査情報

次のページ>

ページのトップへ