トップ > 行事案内・お知らせ > 中学生の職場体験を行いました。(4)

2015年8月4日

中学生の職場体験を行いました。(4)

7月23日(木)と24日(金)に、長野市立篠ノ井東中学校2年生4名の生徒さんが職場体験を行いました。一日目は、土器の洗浄、模擬遺物の接合・復元や遺物の実測を行いました。二日目は、長野市塩崎遺跡群で、遺跡の発掘と測量にチャレンジしました。職場の皆さんと連携もしっかりとれ、明るく元気な職場体験ができました。

 

【土器洗浄】

土器や石器を専用の洗浄ブラシを使い丁寧に洗う根気のいる作業は苦手でした。しかし、洗浄マシーンは面白く、興味を持てました。

 

【遺物の接合・復元】

現代陶器を使った疑似復元は、最後まで集中力を切らさず行えました。特に凝固した石こうを削る作業は、その仕上がりに手応えを感じ、あっという間に時間が来てしまいました。

 

【遺物の実測】

実測室で、土器のトレース(実測した土器の図を、黒インクの専門のペンでなぞる作業)をしてみました。

 

【実測図の作成】

トレースのほか、拓本もやってみました。なかなかきれいにできたようです。

 

【遺跡の発掘】

住居跡の中からたくさんの土器が出てきました。センター職員の指示のもと、ベテランの作業員たちのやり方を見よう見まねで、発掘をしてみました。

 

【遺構の測量】

パソコンを使って遺構を測量する作業を行いました。最初は戸惑っていたようですが、すぐに慣れてきれいな図が作れました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ