トップ > 調査情報 > 東信 > 北裏遺跡群 > 北裏遺跡群(1)~遺跡紹介

北裏遺跡群

ふりがな
きたうらいせきぐん 
住所
佐久市伴野字北裏  マップ
立地
千曲川支流の片貝川左岸の台地上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・23年 
時代
旧石器・縄文・弥生・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡・墓跡 
備考
 

2009年6月24日

北裏遺跡群(1)~遺跡紹介

北裏遺跡群は、虚空蔵山(こくぞうさん)の北側台地上から片貝川が流れる低地にかけて広がっています。今年度は低地部分の300㎡を調査しました。
その結果、縄文時代から古代までの土器片は出土しましたが、住居跡などの遺構はみつかりませんでした。
遺跡の中心は、来年度以降調査予定の南側の台地上にあるようです。
 
南側の台地上から撮影しました。遠くにみえるのは浅間山です。南側の台地上から撮影しました。遠くにみえるのは浅間山です。

一部で土器を比較的多く含む地層が広がっていたため、ていねいに掘り下げを行いました。一部で土器を比較的多く含む地層が広がっていたため、ていねいに掘り下げを行いました。

調査は5月11日をもって、すべて終了しました。調査は5月11日をもって、すべて終了しました。

カテゴリ:北裏遺跡群

ページのトップへ