トップ > 調査情報

2021年11月29日

黒田大明神原B遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

【集落の周囲を探る】

 県道15号線(通称フルーツライン)から南信州いいだ果実選果場へ向かう市道北側の畑地をトレンチ調査しました。打製石斧が出土した以外に遺構や遺物は見つかりませんでした。この一帯は、西から東へ向かう谷の北東向きの斜面で、古代の人が生活するには不向きだったようです。

 

 

 

【果樹園下に眠る遺構】

 栃ヶ洞(とちがほら)川に面した果樹園一帯を面調査しました。黄色い地山の中に、褐色の不正円形なシミがいくつか見つかり、そこからは土器や石器が出土しています。これらを縄文時代や弥生時代の遺構と考えて、現在調査を進めています。

 

 

 

黒田大明神原B遺跡通信 第2号

カテゴリ:黒田大明神原B遺跡

2021年11月17日

沢尻東原遺跡 2021年度整理作業(1)

 昨年度から実施していた土器の復元作業は順調に進み、石膏を入れた土器へ色塗りを開始しました。

 

【絵具を混ぜる】

 何種類もの色(水性アクリル絵具)を混ぜて土器の色を作ります。石膏に塗る色は実際の土器の色と若干異なるようにし、実物の土器が残る範囲と復元した範囲を区別します。

 

 

 

 

 

【復元した土器に色を塗る】

 石膏の範囲に色を塗っています。まず石膏範囲の中央を太い筆で塗り、実物の土器と接する部分は細い筆で慎重に塗ります。

 

 

 

 

 

 

【展示した土器】

 着色した土器は各種展示会等で公開します。

写真は、6~7月に辰野美術館で開催した「掘るしんinたつの」における展示風景です。

カテゴリ:沢尻東原遺跡,調査情報

2021年10月6日

黒田大明神原B遺跡 2021年度発掘調査情報(1)

発掘調査が始まります。

 中央自動車道の座光寺スマートインターから県道15号線(通称フルーツライン)に接続する道路の建設にさきだって、黒田大明神原(くろだだいみょうじんばら)B遺跡の発掘調査を実施します。調査期間は、9月21日(火)から11月30日(火)までを予定しています。隣接地では、飯田市教育委員会も調査を行っています。期間中、大型重機をはじめ、車両が出入りしますので、ご注意ください。皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

黒田大明神原遺跡とは?

 黒田大明神原遺跡は、おそくとも大正時代には縄文時代や弥生時代の土器片が採取できる場所として知られていたようです。戦後まもなく、西から東に延びる台地の南東端で壁土を採取していた時に、両腕を広げた土偶がみつかっています。1980年代の農道拡幅工事に伴い、縄文時代や平安時代の竪穴建物跡や弥生時代のお墓の跡などが初めて発掘されました。さらに、1990年代に入ると、県道15号バイパス新設工事などに伴う発掘で、縄文時代を中心に弥生時代や古墳時代の集落跡を確認することができました。合計8回の発掘調査の結果、今から約11,000年前の縄文人たちの暮らしの跡が残るB遺跡と、およそ5,000年前に大きな集落を営んだA遺跡が、中央の窪地をはさんで北西と南東に立地し、双方に、弥生時代以降、平安時代まで人びとが断続的に住まいや墓をつくっていたことがわかっています。今回は、どんな発見があるか、楽しみですね。

 写真や図は、これまでの調査で発見された遺構や遺物です。上段・左が縄文時代前期末の土器、右が中期中頃の竪穴建物跡、下段・左が中期後半の土偶、右が中期後半の土器。

   

 

黒田大明神原B遺跡通信創刊号(1023KB)

カテゴリ:黒田大明神原B遺跡

2021年8月31日

座光寺石原遺跡 2021年度発掘調査情報(4)

【古墳の調査進む】

 ナギジリ2号古墳は、天井石を残した状態で上空から3D測量のための写真撮影を行いました(写真左下)。この写真を使って平面図を作成します。続いて天井石を取り除いて、石室の上面を露出させました。取り除いた天井石には花崗岩が使われており、大きなものは横幅210センチ余り、重さは約3.2トンあります(写真右下)。今後は、墳丘の裾まで掘削して古墳全体の形状を明らかにする一方で、石室内部を慎重に掘り下げていく予定です。

    

 

 

【9区の調査終了】

 6月に高坏が出土したSK04は、南北の最大長264㎝、最大幅125㎝、深さ26㎝の土坑墓と考えられます。北を頭に埋葬したとすると、足元に古墳時代後期の土師器の坏が5つ置かれ、胸のあたりから鉄鏃が9本出土しています(写真下)。

   

 

座光寺石原遺跡発掘だより第6号(1250KB)

カテゴリ:座光寺石原遺跡

2021年8月23日

真光寺遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

 4月から現在までは遺跡の東側(第1調査区)を調査しており、現和田堰のもとと考えられる溝跡、8世紀初頭と考えられる古墳、土坑群、焼骨が含まれる集石などが発見されました。8月末からは、遺跡の中央付近(第3調査区)の調査に入ります。

 なかでも、古墳の発見は波田で初めてであるため、周辺住民の関心が高いことから、7月11日(日)に地元現地説明会および報道公開を開催しました。

 

【地元現地説明会】

 説明会は、コロナ渦のため、波田第1区住民を対象とし、事前申し込み制で行いました。
午前10時30分と午後1時30分の2回、全体説明を行いましたが、発見された古墳を見て驚き、感心する見学者が多かったです。

真光寺遺跡現地説明会資料(581KB)

 

 

 

【古墳の全景】

 古墳は、墳丘、石室、周溝が残っていました。墳丘径約12m、周溝幅約1.5m~2m、石室全長は約7.5m、幅は奥壁で1.1m、入口部で1.85m、となります。

 

 

 

 

 

【石室の調査】

 石室の側石を精査している風景です。石室は細長いかたちをしていて、比較的大きい河原石(長径50㎝程)を丁寧に積んでいることがわかりました。

 

 

 

 

 

【石室内部の様子】

 石室の内部は、羨道(せんどう:①)、前室(ぜんしつ:②)、玄室(げんしつ:③)の3つにわかれていました。羨道と前室の境に、袖石の痕跡と框(かまち・しきみ)がみつかりました(矢印)。

カテゴリ:真光寺遺跡

<前のページ

次のページ>

ページのトップへ