トップ > 行事案内・お知らせ > 塩崎遺跡群で現地説明会が行われました。

2016年12月15日

塩崎遺跡群で現地説明会が行われました。

11月19日に「塩崎遺跡群」の現地説明会を行いました。国道18号改築工事に伴う塩崎遺跡群の現地説明会は今回が最後となるため、平成25年度からの調査で出土した土器・石器・鉄製品もプレハブに展示しました。午前中は降雨にもかかわらず76名、午後は雨も上がったこともあり94名、延べ170名の見学者がみえました。

【塩崎遺跡群の発掘現場の説明風景】

本年度の発掘でみつかった弥生時代後期の竪穴(たてあな)住居跡や溝跡、平安時代の竪穴住居跡、中世の井戸跡等を見学していただきました。当日の午前は雨にもかかわらず大勢の方に見学いただき、遺跡調査への関心の高さが感じじられました。

【プレハブでの出土品の展示】

平成25年度からの発掘調査で出土した弥生時代を中心とする代表的な遺物をプレハブに展示しました。弥生時代前期末の壺や弥生時代後期の剣や矢じりなどの鉄製品、ヒスイの剥片など多くの人が興味深く見入っていました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ