トップ > 行事案内・お知らせ > 平成30年度 職場体験(5)

2018年11月2日

平成30年度 職場体験(5)

10月23日(火)に、長野県小諸高等学校1年生、男子8名、女子2名の計10名の就業体験(整理作業)を実施しました。 

【土器の接合】

発掘現場から出土した古代の土器を実際に接合してみました。いろいろな種類があって、なかなか思うようにはいきませんが、大事な作業です。

【復元体験】

破片を接合、接着してみても、どうしてもたりない部分があります。そうした時には、不足部分に「石膏(せっこう)」を補います。充填した石膏が固くなるまえに、表面を丁寧に削って形を整えます。

【図書の整理】

センター所蔵の貴重な発掘調査報告書などの図書を、すでに作成してある台帳をもとに確認しました。

【体験のまとめ】

事前に就業体験については、センター職員から説明を受けていましたが、話で聞いていたことと実際やってみたことでは、どのように違っていたかなどを中心に、簡単にまとめてみました。出土した土器を実際に触って、古代の息吹を体感できたといった感想がありました。





カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ