トップ > 行事案内・お知らせ > 掘るしんinながの2020ー塔鋺形合子は何を語るー」講演会を実施しました

2021年1月5日

掘るしんinながの2020ー塔鋺形合子は何を語るー」講演会を実施しました

12月12日(土) 「掘るしんinながの2020ー塔鋺形合子は何を語るー」講演会を実施しました。

たくさんお申込みをいただきましたがが、新型コロナ感染拡大予防対策のため、当日は、抽選で当選された方々のみのご参加となりました。



【講演会の様子1】

会場では、感染拡大予防対策として入場時の健康確認・検温、マスクの着用・手指の消毒・3密の回避、会場内での飲食禁止など、来場者の方々にご協力いただきました。



【講演会の様子2】

宮内庁正倉院事務所長の西川明彦先生には「正倉院宝物に見られる古代技術と塔鋺形合子」と題して、正倉院宝物の黄銅合子、赤銅合子の製作方法や施されている技法などを、わかりやすくご講演いただきました。



【講演会の様子3】

奈良国立博物館学芸部長の内藤栄先生のご講演「塔鋺形合子がたどった道」では、中国や朝鮮半島、日光男体山出土品の塔鋺形合子との関連や類似性についてお話いただきました。



【講演会の様子4】

会場では、小島・柳原遺跡群出土の塔鋺形合子と模造品を展示しました。想像していたより小さな塔鋺形合子に施された模様を見ようと、目を凝らす様子がみられました。



ほるしんinながの2020-塔鋺形合子は何を語る-当日資料(758KB)

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ