トップ > 行事案内・お知らせ > 県立歴史館で当センター速報展「ほるしん2021」を開催しています。

2021年3月18日

県立歴史館で当センター速報展「ほるしん2021」を開催しています。

3月13日(土)から5月9日(日)まで、県立歴史館小展示室におきまして、当センターの速報展「ほるしん2021」を、歴史館と共催しております。 今年度、当センターが発掘調査および整理作業を実施した遺跡を中心に、縄文時代から戦国時代末の遺物を展示しています。

※当センター速報展は無料でご観覧いただけますが、県立歴史館常設展および企画展の観覧には入館料が必要です

※長野東バイパス開通式での展示のため、3月27日(土)は、塔鋺形合子の復元模造品をご覧いただけません。



速報展は初公開資料を多数展示しております。主な展示品は以下の通りです。

 

朝日村氏神遺跡…縄文時代の土器・石器【氏神遺跡の詳細】

辰野町沢尻東原遺跡…縄文時代の土器【沢尻東原遺跡の詳細】

中野市南大原遺跡…弥生時代の鉄製品加工にかかわる遺物 【南大原遺跡の詳細】

下諏訪町ふじ塚遺跡…戦国時代末の礫石経塚より出土した遺物 【ふじ塚遺跡の詳細】

長野市小島・柳原遺跡群…平安時代の塔鋺形合子の復元模造品 【小島・柳原遺跡群の詳細】



南大原遺跡出土の弥生時代の鉄製品を興味深く観察されていました。



ふじ塚遺跡出土の鏡を熱心に写真撮影されていました。

※速報展の展示遺物は写真撮影可です(フラッシュ、三脚の使用不可)。

※SNS等への掲載も可です(刊行物への掲載は許可が必要です)。

 

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ