トップ > 行事案内・お知らせ > 速報「長野県の遺跡発掘2015」関連イベント 大塚初重先生の講演会を開催しました。

2015年6月3日

速報「長野県の遺跡発掘2015」関連イベント 大塚初重先生の講演会を開催しました。

平成27年5月30日(土)長野県立歴史館講堂にて、速報「長野県の遺跡発掘2015」関連イベントの『講演会』をおこないました。258名の来場者があり、大盛況でした。

 

【講演会「卑弥呼の時代からヤマト王権へ~その時、シナノに何が起きたか~」】

明治大学名誉教授の大塚初重先生に講演いただきました。西日本中心に語られることの多かった卑弥呼からヤマト王権の時代を、愛知、静岡、長野、そして日本海沿岸地域など広汎な地域の遺跡、遺物をとり上げながら、わかりやすくお話しいただきました。当時のクニが動き出した様子を、会場にいた全員が想像したことでしょう。

 

講演会資料は こちら (PDF 878KB)


 

【講演会場のようす】

定員を超える来場者があり、補助のイスがたくさん必要でした。遠くは京都府、茨城県、富山県など県外からも来ていただきました。

 

【弥生土器をみる大塚先生】

長野県立歴史館企画展示室では浅川扇状地遺跡群など長野県内11遺跡385点の遺物を展示しています。大塚先生には講演のなかで、展示されている土器の出土した遺跡について紹介していただきました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ