トップ > 行事案内・お知らせ > 出前授業に行ってきました。(2)

2015年7月3日

出前授業に行ってきました。(2)

塩崎遺跡群を体験発掘した長野市立通明小学校のみなさん(6年4組30名)に、フォローアップとしての出前講座を行いました。

 

まず、今日の学習のねらいと内容を説明します。

ねらいの1点目は、みなさんの周囲の重要な遺跡を知ってほしいこと、2点目は身近な遺跡が今につながっていることです。

わかったかな?

 

木簡の図面をなぞって解読に挑戦しました。「なかなか難しいな…。」「でも読める字もあるぞ。」「どういう意味なんだろう。」辞書を使って自分で調べる子も。子どもたち同士で自然と議論になりました。

 

「では、読めた人は、前で発表してください。」積極的に自分が解読した文字を発表し、職員といっしょに板書してみました。

 

通明小のみなさんは、20分の間に、自力で三文字も解読に成功!「更科郡って書いてあるぞ、更科って奈良時代からあったんだ~」

 

授業の後半は、長野市都市計画課や長野商工会議所から提供していただいた地図をもとに、遺跡や文化財の位置を確認しました。

 

遺物を観察し、古代をイメージしながら、遺跡を探します。「遺跡を新発見した場合はどうしたらいいんだろう」という質問も出て、遺跡や歴史に関する話題は尽きません。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ