トップ > 行事案内・お知らせ > 中学生の職場体験を行いました。(2)

2015年7月28日

中学生の職場体験を行いました。(2)

7月7日(火)・8日(水)、長野市立篠ノ井西中学校2年生5名のみなさんが、職場体験を行いました。はじめのうちはかなり緊張したようでしたが、一日目の土器洗浄、模擬復元といった事務所内の整理作業にはじまり、二日目の発掘、測量、遺物整理など発掘現場(長野市塩崎遺跡群)での作業を体感。だいぶ慣れてきて、最後には「明日も来るのなら、工夫をしてやってみたい」という感想も出ました。

 

【遺物の洗浄】

洗浄室では、遺跡から出土した土器や石器を専用の洗浄ブラシを使い丁寧に洗いました。なかなか根気がいる作業ですが、付着した土を落とすと土器の形や模様がハッキリ現れて楽しくなりました。

 

【遺物の復元】

復元室では、現代陶器の破片を接合し、すきまに石こうを流し入れる模擬復元を体験しました。仕上げは、凝固した石こうを削る作業で難しく、少々疲れました。

 

【遺跡の発掘】

ベテランの作業員さんたちと遺跡を調査しました。移植ごてや両刃鎌を使って、慎重に調査します。土器がたくさん出土するので、ちょっとビックリ。

 

【測量】

最新鋭の機器を用いて、遺構測量を体験しました。理屈はともかく、機器の操作はなんとかできるようになりました。

 

【遺物の整理】

遺跡から出土した遺物は、出土した月日、場所などを台帳に記録しながら、きちんと整理してコンテナに収納します。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ