トップ > 行事案内・お知らせ > 中学生の職場体験が行われました。(2)

2016年7月8日

中学生の職場体験が行われました。(2)

7月5日・7月6日の2日間、長野市立篠ノ井西中学校の職場体験学習を受け入れました。

 

【第一日目】

2年生5名(男子3名・女子2名)、職場体験を行いました。センター職員から、埋蔵文化財センターの仕事についての説明を受け、まずは土器の接合、復元の仕事に挑戦しました。




【石膏をいれる仕事】

用意された釜飯の容器を使い、破片を接合した後、空白のある部分に石膏を流し込みます。なかなか、初めてにしては上手です。




【第二日目】

翌日は発掘作業を体験しました。長野市の塩崎遺跡群に出かけ、初めての発掘です。


【畑の跡を発掘】

地中深く埋もれた中世(鎌倉時代か?)の畑の跡を発掘しました。何が出るか。興味深く掘っていくと、土器のかけらをみつけることができました。


【写真撮影の仕事体験】

今日、めったに触れることのない大型のカメラで発掘した畑の跡を撮影しました。「カシャ」というシャッター音に、思わず驚きの声が上がりました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ