トップ > 行事案内・お知らせ > 中学生の職場体験が行われました。(3)

2016年7月12日

中学生の職場体験が行われました。(3)

7月5日~7月7日の3日間、長野市立三陽中学校の職場体験学習を受け入れました。


【第一日目・二日目】

 2年生5名(男子5名)による3日間の職場体験が始まります。1日目と2日目は長野市の小島・柳原遺跡群で発掘作業を体験します。ベテランの調査研究員から、遺跡の説明と発掘の方法について指導を受けます。

 



初めての発掘に、真剣そのもの。






【測量の仕事を学ぶ】

レベルと呼ばれる測量機器を使用し、標高を測定します。

「おーい、どうだー?」

「何が見える?」


【出土した土器を洗浄する】

遺跡から出土した土器を洗います。ブラシでやさしく叩くようにして土を落とします。

「お、何か模様があるぞ。」

【土器や石器を収納する】

洗浄後、乾いた土器や石器を、台帳に記録し、収納します。調査研究員の話を熱心に聞いて作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

【第三日目】

最終日は、仕事場所を県埋蔵文化財センター(篠ノ井)に移して、整理作業を体験します。

 

【本物の土器を接合する】

発掘で出土した土器は、割れていることがほとんどです。ひとつひとつの破片をつなぎ合わせていく、接合の作業に取り組みます。

「う~む、どうにか形になってきたかなー。」




【土器の拓本に挑戦】

土器洗浄でも発見した土器の模様。今度は墨を使って、土器の模様を写す仕事(拓本)を行います。


「おー。模様が浮き出てきたぞ!」

「その調子、その調子!」



【土器の石膏復元?】

接合と石膏復元をやってみました。本物では、まだまだ心もとないので、釜飯の容器で実践します。石膏のはみ出し部分をていねいに削り取りました。




カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ