トップ > 行事案内・お知らせ > 「夏休み考古学チャレンジ教室2016」開催しました!

2016年10月20日

「夏休み考古学チャレンジ教室2016」開催しました!

7月29日(金)と7月30日(土)に「夏休み考古学チャレンジ教室2016」を実施しました。
両日合わせて239人と多くの方々に来場していただきました。

 

今年の新しいメニュー「縄文ゆめ工房」です。縄文時代の編み方「アンギン編み」の技法で、ブレスレットやタペストリーを作ります。
ブレスレットは大人気で、受付開始間もなく整理券が終了してしまいました。


土器実測コーナーです。マイクロカメラによってテレビに映し出された土偶の顔をなぞって実測をします。




土器接合のコーナーです。模造品の立体土器の接合をしています。

土器復元のコーナーです。実際の復元に使用する石膏(せっこう)を使う型取りは大人気でした。

 

六文銭やお城はうまくできたかな。

はかせの本だなのコーナーです。

夏休みの自由研究の題材を探しに来場した方の調べものを手伝っています。

長野県観光PRキャラクター「アルクマ」も応援に来てくれました。

 

子どもたちに大人気!

 

「縄文人になろう」歴史館ブースです。

縄文衣装を着て、土器や弓矢を持ってハイポーズ!

撮った写真は缶バッジにして記念に持ち帰りました。



 



カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ