トップ > 行事案内・お知らせ > 中学生の職場体験がありました。(1)

2017年7月13日

中学生の職場体験がありました。(1)

7月5日(水)~7日(金)の3日間、長野市立三陽中学校2年生3名の職場体験を受け入れました。



【土器洗い】

 7月5日(水)、1名が参加。前日に降った雨のため、小島・柳原遺跡群での発掘作業はできませんでしたが、土器洗いや週末に実施する遺跡現地説明会の準備を手伝ってもらいました。遺跡から出土した土器を、ベテラン作業員の指導のもと、土器洗いブラシで洗いました。


【古銭の洗浄】

 遺跡現地説明会で展示する古銭を、筆で丁寧に洗いました。土を洗い落とすと、「元符通宝(げんぷつうほう:北宋銭1098-1100年鋳造)」という文字がくっきりと見えました。


【遺構測量の体験】

「遺構くん」という測量支援システムを使った測量体験をしました。初めて見る機器ですが、使い方を教わりながら遺構に見立てた穴や遺物の測量をしました。


【復元体験】

7月6日(木)、3名が埋文センターで整理作業を体験しました。復元室では、土器の復元作業に取り組みました。

【接合体験】

別の部屋では、本物の土器の接合に挑戦しました。

 

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ