トップ > 行事案内・お知らせ > 兜山遺跡で現地説明会を開催しました

2012年7月18日

兜山遺跡で現地説明会を開催しました

7月14日(土)兜山遺跡で現地説明会を開催しました。心配された雨も上がり、122名の方が見学に訪れました。駐車スペースの都合で、山道を歩いて登った方もいらっしゃいました。参加者からは「山の斜面にこのような石を使った古墳があったとは!」と驚きの声もありました。土器洗いを体験したり、ふもとにある佐久市有形文化財旧大沢小学校本館(明治26年竣工)が公開され、大沢地区で出土した考古資料の展示も合わせて見ていただきました。ありがとうございました。

 

現地説明会資料はこちら    (PDF  760KB)

 

【古墳の周りで説明を聞く】

古墳を前に多くの方が熱心に説明を聞かれていました。参加者からは古墳の構造に関する担当者泣かせの質問もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【古墳からの出土遺物見学】

現場事務所では出土した土器や鉄鏃(てつぞく)を展示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【土器洗い体験】

遺跡から出土した土器を洗い汚れを落とすと、土器の模様が姿を現します。普段はできない体験に子どもたちは夢中で取り組んでいました。

カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ