トップ > 行事案内・お知らせ > 神之峯城跡で現地説明会を開催しました

2012年12月13日

神之峯城跡で現地説明会を開催しました

 12月1日(土)に現地説明会を行いました。当日は寒風吹くなか、81名もの参加者がありました。山頂の本丸・二の丸・出丸だけが神之峯城跡だと思われていた方も多く、今回調査した山の中腹で神之峯城跡の遺構が見つかったことに皆さん驚かれていました。地元で「かんのみね」と呼ばれている本遺跡を知っていただくよい機会となりました。

 

【遺構の説明】

 現地説明会は遺跡を間近で見て、調査担当者から解説を聞く絶好の機会です。参加者からは多くの質問が寄せられました。
【出土遺物を見る参加者】

 礎石建物跡のまわりから出土した瀬戸で焼かれた陶磁器や中国産の青磁、お墓に納められていた銭貨などをプレハブで展示し、見ていただきました。


カテゴリ:行事案内・お知らせ

ページのトップへ