トップ > 調査情報 > 南信 > 芦ノ口遺跡 > 芦ノ口遺跡(1)~遺跡紹介

芦ノ口遺跡

ふりがな
あしのくちいせき 
住所
飯田市龍江  マップ
立地
天竜川左岸 
事業名
国道474号飯喬道路建設 
調査期間
平成21年8月-9月 
時代
縄文・古墳 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2009年8月24日

芦ノ口遺跡(1)~遺跡紹介

芦ノ口遺跡は、天竜川左岸の竜東(りゅうとう)とよばれる地域の段丘上にあります。遺跡の中央を横断する県道を境に東側と西側にわかれていて、今年度は東側を調査します。3月に行った試し掘りでは溝状の落ち込みや穴の跡がみつかっています。8月から調査を始めて、現在は遺構や遺物を探しているところです。
 
草かきかまで地面の表面をけずってきれいにして遺構や遺物をさがしているところです。遠くに見えるのが岐阜県境の恵那山です。

写真左から右にかけてゆるやかに傾斜する尾根上での調査の様子です。周囲にはリンゴ畑が広がっています。

カテゴリ:芦ノ口遺跡

ページのトップへ