トップ > 調査情報 > 東信 > 満り久保遺跡 > 満り久保遺跡(2)~遺跡紹介

満り久保遺跡

ふりがな
まりくぼいせき 
住所
佐久穂町大字畑  マップ
立地
八ヶ岳から東に伸びる尾根末端部の千曲川と大石川をのぞむ河岸段丘上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成21年・平成25年4月・平成26年4月 
時代
旧石器・縄文 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2009年12月28日

満り久保遺跡(2)~遺跡紹介

発掘調査が終了しました。
 
中部横断道路の関係では今年度一番南の遺跡です。11月30日に調査は終了しました。
1万5000年ほど前の旧石器時代に黒曜石の石槍を作っていました。

カテゴリ:満り久保遺跡

ページのトップへ