トップ > 調査情報 > 南信 > 五郎田遺跡 > 五郎田遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

五郎田遺跡

ふりがな
ごろた 
住所
飯田市座光寺4068ほか  マップ
立地
天竜川西岸の低位段丘面に立地 
事業名
中央新幹線建設工事 
調査期間
令和3年1月~2月、令和3年4月~10月 
時代
弥生時代、古代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2021年8月23日

五郎田遺跡 2021年度発掘調査情報(2)

【発掘調査開始から4か月がたちました】

 7月末の時点で調査を行った竪穴建物跡は23軒にのぼります。弥生時代から平安時代の竪穴建物跡がはげしく重なり合っており、みつけるのに苦労します。また、柱穴と思われる穴も数多くみつかっており、正確な数はまだわかりませんが、相当数の掘立柱建物跡の存在が予想されます。当初の予想よりも遺構が多くみつかったため、順次作業員さんを増員して、現在は20人体制で発掘作業を行っています。

 

【古墳時代の竪穴建物跡】

 写真は5世紀前半ごろ(約1600年前)と推定する竪穴建物跡です。この竪穴建物跡の中央から北側には、埋土の中から炭化物が集中してみつかり、高坏などほぼ完形の土器も出土しています。竪穴建物跡が廃棄され、埋没する過程で、意図的に火を焚いて土器を投棄していたものと推定しています。

 

 

 

【様々な石器】

 打製石斧(写真左)や石包丁(写真中)など、調査区からは様々な石器がみつかっています。弥生時代の遺構からはもちろん、それ以降の時代の遺構や検出面からも多く出土しており、石製の道具が弥生時代以後も利用されるという飯田地方の特徴をみることができます。

 また、勾玉(写真右)や管玉も出土しています。

  

 

五郎田遺跡発掘だより第2号(559KB)

カテゴリ:五郎田遺跡

ページのトップへ