トップ > 調査情報 > 北信 > 沢田鍋土遺跡 > 沢田鍋土遺跡 平成24年度整理情報(2)

沢田鍋土遺跡

ふりがな
さわだなべつちいせき 
住所
中野市大字立ヶ花  マップ
立地
千曲川右岸の丘陵上 
事業名
北陸新幹線建設 
調査期間
平成20・21年 
時代
旧石器・縄文・古代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2012年12月4日

沢田鍋土遺跡 平成24年度整理情報(2)

    今回は、粘土採掘坑についてご紹介します。奈良時代の須恵器製作工房跡に隣接して粘土採掘坑が発見されました。この粘土採掘坑は、縄文時代後期と中世以降のものであることがわかりました。縄文時代の粘土採掘坑からは、土器がたくさん出土しましたが、土掘り具と考えられる打製石斧は出土していません。どのような道具で掘ったのか疑問が残ります。また、平成3年度の発掘調査(上信越自動車道関連)では、縄文時代中期の粘土採掘坑が見つかっています。


【粘土採掘坑から出土した縄文土器】

縄文時代の粘土採掘坑が3か所見つかりました。これらの粘土採掘坑からは、縄文時代後期の土器が出土しました。完形に近い土器や大きな破片が多くみられます。


【縄文土器と実測図1】

写真とともに、実測図を作成し、報告書に掲載します。


【縄文土器と実測図2】

土器の模様がわかりやすいように、拓本をとって実測図にのせています。


【粘土採掘坑土層断面】

地表から1.2mまで穴を掘って粘土を採掘しています。掘った穴には、黄褐色土、黒褐色土、粘土が混じって堆積しています。


【粘土採掘坑から出土した棒状礫】

複数の粘土採掘坑から棒状の礫がまとまって出土しました。このような礫は、もともと遺跡内には存在しないものです。


【棒状礫】

粘土採掘に関わる作業に使った道具と考えていますが、何に使われたものか、解明できていません。

カテゴリ:沢田鍋土遺跡

ページのトップへ