トップ > 調査情報 > 南信 > 鬼釜遺跡・鬼釜古墳 > 鬼釜遺跡(3)~最新情報

鬼釜遺跡・鬼釜古墳

ふりがな
おにがまいせき・おにがまこふん 
住所
飯田市上久堅  マップ
立地
玉川左岸段丘上 
事業名
国道474号飯喬道路建設 
調査期間
平成21・23年 
時代
縄文・古墳・平安・中世 
遺跡の種類
集落跡・古墳 
備考
 

2009年11月9日

鬼釜遺跡(3)~最新情報

久堅(ひさかた)神社(写真左側)の横(オレンジ色の防塵ネット右側)を調査しています。昔の面影を残す三角屋根の建物は、旧久堅北小学校です。

重機で掘った試し掘りの溝を、手作業で少しずつ掘下げていくと、縄文時代の土器や石器がみつかりました。

縄文時代早期(今から1万1000年前)の押型文(おしがたもん)土器の破片(約4×4cm)がみつかりました。この地点は土の違いからみて、早期の竪穴住居跡の可能性があります。

カテゴリ:鬼釜遺跡・鬼釜古墳

ページのトップへ