トップ > 調査情報 > 南信 > 藪越遺跡 > 藪越遺跡 2022年度発掘調査情報(2)

藪越遺跡

ふりがな
やぶのこしいせき 
住所
飯田市上郷飯沼  マップ
立地
 
事業名
国補道路改築(道路)事業(国)153号飯田市飯田北改良 
調査期間
令和4年4月から6月 
時代
縄文時代~平安時代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2022年11月1日

藪越遺跡 2022年度発掘調査情報(2)

弥生時代の集落跡を発見

 6月末から発掘調査を開始した、飯田市上郷にある藪越遺跡は、今年度の調査を終了しました。

 古代の集落跡がみつかった第1面に引き続き、第2面の調査では新たに弥生時代後期の集落跡(竪穴建物跡2軒、土坑4基、溝跡3条)がみつかりました。

 

弥生時代の家を掘る!

 弥生時代後期(約1800年前)と推定する竪穴建物跡(SB5)の中央部東側からは甕や壺、高坏などの土器片や、石包丁、砥石、台石などの食料生産活動に係る道具が出土しました。炉跡は中央よりやや南側にあり、土器が埋設されていました。

 

藪越遺跡発掘だより№2(PDFデータ:1696KB)

カテゴリ:藪越遺跡

ページのトップへ