トップ > 調査情報 > 北信 > 小島・柳原遺跡群 > 小島・柳原遺跡群 平成30年度調査情報(3)

小島・柳原遺跡群

ふりがな
こじま・やなぎはらいせきぐん 
住所
長野市大字柳原1561ほか  マップ
立地
千曲川左岸の自然堤防上 
事業名
長野東バイパス改築事業 
調査期間
平成28年6月-11月 平成29年4月-11月 平成30年4月- 
時代
弥生・古墳・平安 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2018年9月6日

小島・柳原遺跡群 平成30年度調査情報(3)

小島・柳原遺跡群の発掘調査が、8月30日(木)に終了しました。

約3年間の調査で竪穴建物(たてあなたてもの)跡35軒、溝跡25条、土坑685基、墓跡66基などがみつかり、出土した遺物はコンテナ約200箱になりました。 
今後は、出土品などの整理作業を行い、報告書を作成していきます。 

【南上空からみた今年の調査区】

 今年度は長野市道柳原117号線をはさんだ両側を調査しました。若干の土器が出土したものの、遺構は検出されず、集落域が広がらないことがわかりました。(今年度の調査区)

【終了式】

 最終日に発掘調査の終了式を行いました。例年にない猛暑のなか、調査を支えて頂いた作業員の皆さんに感謝します。

 

カテゴリ:小島・柳原遺跡群

ページのトップへ