トップ > 調査情報 > 北信 > 南大原遺跡

南大原遺跡

ふりがな
みなみおおはらいせき 
住所
中野市上今井字南大原  マップ
立地
千曲川右岸 
事業名
県道三水中野線建設関連 
調査期間
2019年4月- 
時代
縄文・弥生 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2019年7月16日

南大原遺跡 2019年度 発掘調査情報(2)

【調査開始から4か月】

調査開始から、この7月ではや4か月が経過しました。お陰さまで調査は順調に進んでいます。遺跡からは今から約2,000年前の弥生時代の集落跡が発見され、当時のさまざまな生活道具が出土しています。

【南西上空からみた調査遺跡】

梅雨の合間を縫って、6月25日にドローンで空中撮影を行いました。写真で見る通り、今の千曲川は遺跡の左(西)側を流れていますが、明治維新さなかの明治3~5(1870~1872)年、洪水に苦しめられていた地元農民による「瀬替え工事」によって直流化されたことによるものです。工事以前の千曲川は、大きく蛇行して遺跡の右側を流れていました。旧千曲川の痕跡は水田地帯となって今も残っています。弥生集落が営まれた頃も遺跡の右側を流れていたようです。

【深さ2.2mの谷地形】

谷の堆積土内から弥生土器が出土しています。千曲川のはんらんによってできた谷に土器が捨てられたのではないかと考えています。 

【真上からみた調査遺跡】

遺跡上空から撮影した垂直写真です。黄色い部分が竪穴建物跡です。自然堤防上の水はけのよい好立地を選んで集落がつくられています。過去の調査成果によって、8月から調査を進める東側部分にも集落跡が続くことがわかっています。

【土器等が大量に出土した竪穴建物跡】

土器は完全な形をとどめていないものが大半で、まとめて廃棄した状況と推測されます。

【弥生の鉄製品出土!】

弥生時代中期の竪穴建物跡から出土しました。長さ4.8cm。ずっしりとした重量感があります。2,000年前の鉄製品は貴重な出土例です。

【弥生の逸品 赤い鉢】

表面を赤彩し丁寧に磨き上げた鉢形の素焼き土器です。ほぼ無傷の状態で竪穴建物内から出土しました。食べ物を盛り付けていたのでしょうか。

★★★出土品を展示公開します★★★

今回紹介した出土品や写真パネルを、8月から長野市篠ノ井の県埋蔵文化財センター展示室にて公開しています。近くにお立ち寄りの際、お気軽にご覧ください。展示解説も行います。8月からこれまでプレハブ・駐車場のあった場所の調査を開始します。 より大きな成果が期待されます。今後ともご理解、ご協力をお願いします。(発掘現場を見学する場合は、担当者にお声掛けください。)

センター展示室のご案内

住    所 長野市篠ノ井布施高田963-4

公開日・時間 月~金曜日 午前9時~午後5時

      (年末年始、祝休日、8/13-15、展示替期間中を除く)

 

カテゴリ:南大原遺跡

2019年6月7日

南大原遺跡 2019年度発掘調査情報(1)

4月から発掘調査を開始しました。調査地点は中野市上今井、千曲川に架かる上今井橋の中野市街地側たもとです。調査前はサクランボ畑でした。交通量が多い県道三水中野線を千曲川の水害に強い道路に改築する工事に先立って、遺跡の発掘調査を実施しています。期間は4月から11月を予定しています。

【これまでの調査】(2016年刊行報告書より)

 南大原遺跡は、1950(昭和25)年から2013年(平成25)年まで4次の発掘調査がありました。1次調査で出土した縄文土器は南大原式と命名され、2次から4次調査では弥生から古墳時代の礫床木棺墓(れきしょうもっかんぼ)や方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)も見つかっています。なかでも4次調査では、今からおよそ2千年前の弥生時代中期後半から後期前半の集落跡が見つかり、多くの土器が出土しました。

【弥生時代の鉄器製作遺跡か 】

 2011~2013年の調査では、県内で類例の少ない弥生時代中期の鉄斧(てっぷ)が出土しています。

【弥生時代中期後半期の石器出土】

弥生時代中期後半期の竪穴(たてあな)住居跡から煮炊きに使用する炉跡とは別の火床を確認し、台石・敲石(たたきいし)・砥石、粘土塊(かい)などが出土しています。こうした状況から、住居内で石製の道具類を使った鍛冶(かじ)(鉄製品の加工)が行われていた可能性を指摘しています。弥生時代中期の集落での鍛冶は、全国的に見ても古い段階に位置づけられます。

 今回の調査では、北信濃の弥生における鉄加工技術の実態をとらえることが大きな目的の一つです。

【写真で見る様々な作業 】

ここでは、発掘調査の様々な作業を、写真の一コマ一コマで紹介します。

 

【重機による表土掘削】

畑の耕作土等はあらかじめ重機で掘削します。地形の起伏に合わせて除去するため、豊富な経験と高い技術をもったオペレーターの腕の見せ所です。

【測量用杭の設置】

調査区内に杭を打ち込みます。この杭は、遺構や遺物の客観的な位置を共有できる測量をするための基準になり、国家座標値をもつ精度の高いものです。

【遺構の検出作業】

作業員が横一列に並び、地面を両刃(りょうば)鎌で丁寧に削っていきます。薄茶色の地面に対し、直径5mほどの黒い円形の土が浮かび上がってきました。どうやら、ここには竪穴住居跡があるようです。調査研究員がクギで薄茶色の土と黒色土との境に線を引いています。

【住居跡埋土(まいど)の掘り下げ】

検出作業で見つけた円形の黒色土(竪穴住居跡の中に埋まった土)を掘り下げていきます。この時、埋土から見つかる遺物は出土状態を記録するまで、残しながら掘り進めます。

【図面の作成】

住居跡の埋まり方や遺物の出土状態、住居跡の形状等を図面用紙に記録していきます。直射日光の下、ミリ単位の作業が求められます。

【掘り出されたばかりの文化財】

竪穴住居跡の床近くで複数の土器が出土しました。およそ2千年前の弥生時代人が生活に使った甕(かめ)や壺(つぼ)です。博物館では見られない「掘り出されたばかりの文化財」です。

発掘作業が終わると、まもなく道路工事が始まり、遺跡は失われてしまいます。およそ2千年前の弥生人が残した生々しい暮らしの跡をご覧いただけるのは、今しかありません。遺跡見学はいつでも可能ですので、農作業などの合間に、ぜひ発掘現場にお立ち寄りいただき、声をかけてください。

 発掘作業は11月までの長丁場です。これからも、弥生人が残した土器や石器などの遺物を丁寧に取り上げていく作業を続けていきます。地元の皆様には、引き続きご協力をお願いします。

カテゴリ:南大原遺跡

ページのトップへ