トップ > 調査情報 > 南信 > 芦ノ口遺跡

芦ノ口遺跡

ふりがな
あしのくちいせき 
住所
飯田市龍江  マップ
立地
天竜川左岸 
事業名
国道474号飯喬道路建設 
調査期間
平成21年8月-9月 
時代
縄文・古墳 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2009年10月9日

芦ノ口遺跡(2)~発掘調査終了しました

7月下旬から約1ヶ月続いた芦ノ口遺跡の調査は、9月7日に完了しました。近現代の陶磁器が発掘されましたが、住居跡などは発見されませんでした。今回の調査範囲は遺跡の中心から外れていたと思われます。
 
天竜峡I.C.から見た芦の口遺跡です。中央付近の樹木が取り除かれている部分が遺跡です。遠くからでもよく分かります。

1×1mのマスを碁盤の目のように設定して、旧石器時代の調査をしています。土層の堆積状況を観察しながら、石器を探していきます。根気のいる仕事です。

カテゴリ:芦ノ口遺跡

2009年8月24日

芦ノ口遺跡(1)~遺跡紹介

芦ノ口遺跡は、天竜川左岸の竜東(りゅうとう)とよばれる地域の段丘上にあります。遺跡の中央を横断する県道を境に東側と西側にわかれていて、今年度は東側を調査します。3月に行った試し掘りでは溝状の落ち込みや穴の跡がみつかっています。8月から調査を始めて、現在は遺構や遺物を探しているところです。
 
草かきかまで地面の表面をけずってきれいにして遺構や遺物をさがしているところです。遠くに見えるのが岐阜県境の恵那山です。

写真左から右にかけてゆるやかに傾斜する尾根上での調査の様子です。周囲にはリンゴ畑が広がっています。

カテゴリ:芦ノ口遺跡

ページのトップへ