トップ > 調査情報 > 東信 > 奥日影遺跡

奥日影遺跡

ふりがな
おくひかげいせき 
住所
佐久穂町高野町  マップ
立地
八ヶ岳東麓千曲川支流北沢川右岸段丘端とその崖および崖錐 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・平成26年11月 
時代
古代-中近世 
遺跡の種類
集落跡・窯跡 
備考
 

2012年12月4日

奥日影遺跡 平成24年度整理情報(2)

須恵器窯跡から出土した須恵器の接合作業中に、表面や割れ口にブクブクと泡立って膨らんだかたまりをみつけました。大きいもので5mmほどのかたまりをルーペでよく観察したところ、熱を受けて発泡した黒曜石だとわかりました。黒曜石の発泡が原因で、焼成中に割れてしまった須恵器もあるようです。

遺跡やその周辺の地層には、もともと八ヶ岳の噴火で飛んできた黒曜石が含まれています。それらが、偶然混じり込んだと考えられます。この黒曜石の混じる粘土の特徴から、奥日影窯跡で焼かれた須恵器の供給先がわかるかもしれません。


【発泡した黒曜石】

須恵器の蓋(ふた)です。スポンジ状に大きく膨らんでいます。たくさんの気泡が見えます。


【飴状の黒曜石】

須恵器の盤(ばん)です。溶けて飴(あめ)状になっているものもあります。


【自然の地層に含まれる黒曜石】

大きさには大小あります。大きなものはまれで、1cm程度からそれ以下の大きさのものが多そうです。


カテゴリ:奥日影遺跡

2012年4月25日

奥日影遺跡 平成24年度整理情報(1)

奥日影遺跡は、平成20・22年度に発掘調査をおこないました。今年度はいよいよ本格整理作業を始めます。遺物の接合や実測、パソコンでの遺構図面作成やデータの整理などの作業をおこなっていきます。

 

【金属器管理カードの作成】

錆びて脆くなった金属器の現状を写真撮影して、保存処理に向けての管理カードを作成しています。

 

【遺構図面の作成】

パソコンを使って、発掘調査で記録された手書き図面をトレースし、デジタル図面を作成しています。

カテゴリ:奥日影遺跡

2010年11月24日

奥日影遺跡(5)~最新遺跡情報

【須恵器窯跡の調査】
・ 奈良時代の須恵器窯跡の調査をしています。この写真は、崩落した窯体(ようたい)の天井をはずしたところで、底面から須恵器がまとまって見つかっています。

・窯跡の中は燃焼で熱を受けており、地磁気の分析を行うことで年代が測定できる場合があります。慎重に分析資料を採取しています。

・須恵器窯跡がほぼ掘りあがり、その状態を平面図として記録しています。

・掘りあがった状態を、高所作業車を使い上方から撮影します。図面や写真などの記録が終わり、最終的な調査確認を済ませ、遺跡の調査を終了させます。

カテゴリ:奥日影遺跡

2010年9月8日

奥日影遺跡(4)~最新遺跡情報

<お知らせ>
 9月11日(土)、現地説明会を開催します。詳細はホームペ-シ遺跡見学会の゙お知らせ欄をご確認下さい。
 
【遺跡の全景】
・発掘調査地を北側の上空から望んでいます。写真中央が公開する調査場所です。
・まん中にある青いシートの下に、須恵器を焼きあげる窯跡(SK222)があります。
・ぜひ、現地にお越しいただき、遺跡をご覧ください。

【須恵器を焼く窯跡】
・土坑番号222(SK222)の窯跡です。写真の上が焚口(たきぐち)で、下が焼成室(しょうせいしつ)にあたります。焼成室には天井など窯体(ようたい)部分が崩落した状態で残っています。
・現在調査中で、ちょうど見ごろです。

カテゴリ:奥日影遺跡

2010年7月15日

奥日影遺跡(3)~最新遺跡情報

掘立柱建物跡を南側から見たようすです。人が立っている位置に建物の柱があります。中世の建物だと思われます。

(2)-1区からは幅約1.5m、長さ約6mの須恵器(すえき)を焼いたと思われる窯跡が、見つかりました。

調査区の東側から見た須恵器窯跡です。試し掘りの細長い溝を掘っています。

同じく、須恵器窯跡を西側から見たところです。窯跡の埋まり方を観察するための土壁をベルト状に一部残して掘っています。

北側から見たところです。手前に灰原(はいばら)があります。灰原には窯からかき出された失敗作品などがたまっています。

灰原から見つかった須恵器です。左はつまみのない蓋、右は高台付きの皿です。うつわの特徴から、奈良時代の須恵器と分かりました。

カテゴリ:奥日影遺跡

次のページ>

ページのトップへ