トップ > 調査情報 > 東信 > 高尾A遺跡・高尾5号墳 > 高尾A遺跡(1)~遺跡紹介

高尾A遺跡・高尾5号墳

ふりがな
たかおAいせき たかおごごうふん 
住所
佐久市前山  マップ
立地
千曲川支流の片貝川左岸の丘陵 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成21年・平成23年・平成25年6月-8月・平成26年5月・9-11月 
時代
旧石器・縄文・弥生・古墳・古代・中世 
遺跡の種類
包蔵地・集落跡 
備考
 

2009年8月11日

高尾A遺跡(1)~遺跡紹介

遺跡は佐久平の平野部から一段高い山の尾根にひろがっています。遠くに見えるのが野沢・中込地区の市街地です。

来年度の本格調査に向けて、試し掘りの溝(トレンチ)をいれて、地下の様子を確認しました。

試し掘りでみつかった溝跡です。住居跡はありませんでした。土器も少なく、集落などは広がっていなかったようです。

旧石器時代のナイフ形石器(左)とはく片(右)。石材は黒曜石です。試し掘りの結果、黒曜石が集中してみつかる場所がありました。今後の調査で旧石器時代の石器集中(ブロック)がみつかる可能性がでてきました。

今回の調査の結果から、来年度本格的な発掘調査を予定しています。

カテゴリ:高尾A遺跡・高尾5号墳

ページのトップへ