トップ > 調査情報 > 南信 > 藪越遺跡 > 藪越遺跡 2022年度発掘調査情報(1)

藪越遺跡

ふりがな
やぶのこしいせき 
住所
飯田市上郷飯沼  マップ
立地
 
事業名
国補道路改築(道路)事業(国)153号飯田市飯田北改良 
調査期間
令和4年4月から6月 
時代
縄文時代~平安時代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2022年9月9日

藪越遺跡 2022年度発掘調査情報(1)

藪越遺跡の発掘調査がはじまりました

 6月末から国道153号線の道路改築事業に先立ち、藪越遺跡の発掘調査を実施しています。

 遺跡は、天竜川右岸の低位段丘上に立地し、南側には栗沢川が流れ、北側へ緩やかに傾斜するやや小高い場所に広がっています。

※地図をクリックすると拡大表示されます。

 

 

流路跡から続々と遺物が出土

 地表下60㎝ほどで、住居跡や流路跡、直径30㎝ほどの土坑が見つかりました。特に流路跡からは奈良時代から平安時代の土師器の甕や壺、高坏、須恵器の坏などが数多く出土しました。

※写真をクリックすると拡大表示されます。

 

 

藪越遺跡発掘だより№1(PDFデータ:1214KB)

カテゴリ:藪越遺跡

ページのトップへ