トップ > 調査情報 > 東信 > 北裏遺跡群 > 北裏遺跡群(5)~最新遺跡情報

北裏遺跡群

ふりがな
きたうらいせきぐん 
住所
佐久市伴野字北裏  マップ
立地
千曲川支流の片貝川左岸の台地上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・23年 
時代
旧石器・縄文・弥生・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡・墓跡 
備考
 

2010年11月12日

北裏遺跡群(5)~最新遺跡情報

発掘調査も終盤に入りました。方形周溝墓や中世の竪穴建物は完掘にいたり、調査区南で発見された弥生後期土器の集中出土については現在調査を進めています。また10月には、これまで遺構の存在が不鮮明であった縄文時代について、中期初頭と考えられる土坑を発見しています。
 
【調査地区の遠景】
 ・弥生時代後期の遺構検出状況です。南側に隣接する西東山遺跡より撮影しています。

【方形周溝墓】
 ・弥生後期から古墳時代前期と考えられる周溝墓です。雨や出水に悩まされながらも、ようやく完掘にいたりました。

【竪穴建物跡】
 ・中世のものと考えられる建物跡です。一辺は3mほどあり、床面には柱の礎石と考えられる石が置かれていました。

【弥生後期土器の集中出土】
 ・西東山遺跡に近い丘陵の裾部より、壺や鉢などがまとまって出土しています。現在周辺も含め調査中です。

【縄文時代の土坑】
 ・中期初頭と考えられる直径1m、深さ40cmの土坑が発見されました。底面に近いところからこぶし大の円礫が、上部からは縄文土器片が出土しています。まだ調査中ですが、土坑断面はフラスコ形のようです。

カテゴリ:北裏遺跡群

ページのトップへ