トップ > 調査情報 > 東信 > 矢出川遺跡群 > 矢出川遺跡 平成25年度調査情報(5)

矢出川遺跡群

ふりがな
やでがわいせきぐん 
住所
南佐久郡南牧村矢出川  マップ
立地
八ヶ岳東南麓の火山性扇状地 
事業名
県営畑地帯総合土地改良事業(南牧地区農道6号改修) 
調査期間
平成25年10月~11月 
時代
旧石器 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2013年12月11日

矢出川遺跡 平成25年度調査情報(5)

-発掘調査終了-

12月に入りさらに寒さが増す中、12月4日に発掘調査が終了しました。

調査終盤には、大人が6人も入るような大きな陥し穴がみつかりました。

 

【陥し穴】

陥し穴は長さ3.7m、幅1m、深さ1.2mで大人6人が入れる大きさです。つくられた当時の地表面からは更に深く掘り込まれていたと思われます。穴は下に向かう程、細く狭くなります。穴の底には小さなピットが縦に並んで7ヶ所みつかりました。ピットの底は尖っていることから、先を尖らせた杭を打ち込んだ逆茂木(さかもぎ)の跡と考えられます。底に近い部分の壁面のほぼ全面に短冊状の掘削痕がみられました。


【いつ、だれがつくったのか】

こうした落とし穴は、八ヶ岳山麓の遺跡でしばしばみつかります。原村の南平遺跡では逆茂木痕に残っていた木材の年代測定により中世後半頃につくられた穴と考えられています。今回みつかった穴の逆茂木痕にも木材が残っていました。今後年代測定などの科学分析をすすめて、くわしく調べていく予定です。旧石器時代ばかりでなく、中世にも狩人たちがシカなどの獲物を求めてここを訪れてきたのでしょうか。


カテゴリ:矢出川遺跡群

ページのトップへ