トップ > 調査情報 > 東信 > 新城峰遺跡 > 新城峰遺跡 平成26年度調査情報(2)

新城峰遺跡

ふりがな
あらじょうみねいせき 
住所
北佐久郡立科町大字山部字新城峰  マップ
立地
丘陵 
事業名
一般国道245号改築事業関連 
調査期間
平成26年6月-平成28年3月 
時代
中世・近世 
遺跡の種類
城館跡・集落跡 
備考
 

2014年11月27日

新城峰遺跡 平成26年度調査情報(2)

-新城峰遺跡の調査が終了しました-

新城峰遺跡の発掘調査が11月に終了しました。当初、山城跡と考えられていた新城峰遺跡でしたが、今回の発掘調査では山城に関連するような遺構はみつかりませんでした。しかし竪穴建物跡や掘立柱建物跡、また多くの中世の土器などがみつかり、中世集落の遺跡だということがわかりました。当時の山間部など傾斜地の利用方法を考える上で貴重な成果になりました。

 

【新城峰遺跡遠景】

東側上空からみた遺跡のようすです。

 

【竪穴建物跡の調査】

土の色の違いに気をつけながら調査しています。西日が直接当たると土の色がみえにくくなるので一輪車で影をつくりながら掘り下げています。

 

【中世の土器】

内耳鍋とよばれる煮炊き用の鍋の破片が多くみつかりました。

 

 

 

 

カテゴリ:新城峰遺跡

ページのトップへ