トップ > 調査情報 > 北信 > 清水東遺跡

清水東遺跡

ふりがな
しみずひがしいせき 
住所
上水内郡信濃町大字古間  マップ
立地
鳥居川右岸の段丘上 
事業名
一般国道18号(野尻バイパス)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査  
調査期間
平成23年 
時代
旧石器・縄文・平安 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2011年9月26日

清水東遺跡 平成23年調査情報(1)

本格的な発掘調査は8月17日から始まり、9月16日に終了しました。大道下遺跡と並行して調査をおこないました。
今回の調査区に遺構や遺物はありませんでした。
【遺跡遠景】
清水東遺跡は野尻湖の南岸から約2㎞の鳥居川左岸の丘陵裾部に立地します。

【トレンチ調査】
重機でトレンチを掘削して、遺物や遺構の有無を確認します。

【旧石器を探す】
重機で掘削したトレンチを人力で削り遺構を探しましたが、みつかりませんでした。その後一定間隔で深く掘り下げて旧石器時代の石器の有無を確認しているところです。

 【清水東遺跡の土層】
黒色土の下は水中で堆積した土がありました。かつては沼や湖の一部だったことがわかりました。

【調査範囲の測量】
遺物や遺構が発見されなかったため、掘削した位置を測量して調査を終了します。手前に写っているのが測量の機材です。

カテゴリ:清水東遺跡

ページのトップへ