トップ > 調査情報 > 東信 > 滝ノ沢遺跡

滝ノ沢遺跡

ふりがな
たきのさわいせき 
住所
佐久市臼田字滝ノ沢  マップ
立地
北八ヶ岳・蓼科山地から東に延びる丘陵の北東斜面に位置する 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成23年・平成25年 
時代
縄文・古代・中近世 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2012年1月20日

滝ノ沢遺跡 平成23年度調査情報(1)

今回は、来年度の本調査に備えて、坪掘りやトレンチを用いた確認調査を行いました。今回確認調査を行った地区では遺構は検出されませんでしたが、縄文時代~古代、中近世の土器・陶磁器の破片、石器などが表土層から出土しました。このことから、周辺にはそれらの時期の遺構が存在することが考えられます。

【人力による坪掘の作業風景】
遺物が数点出土しています。

【木陰の中での坪掘作業】
遺物は表土層から出土しましたが、遺構は見つかりませんでした。

カテゴリ:滝ノ沢遺跡

ページのトップへ