トップ > 調査情報 > 北信 > ねごや遺跡 > ねごや遺跡 平成27年度調査情報(1)

ねごや遺跡

ふりがな
ねごやいせき 
住所
中野市壁田  マップ
立地
千曲川右岸、長丘丘陵の東側山裾部と低地部 
事業名
社会資本整備総合交付金(道路)事業 一般県道豊田中野線 
調査期間
平成27年9月-11月 
時代
縄文・弥生・古代・中世 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2015年9月18日

ねごや遺跡 平成27年度調査情報(1)

9月1日に中野市壁田に所在する「ねごや遺跡」の発掘調査が始まりました。

 

【開所式の様子】

「古代の人々が触れた遺物を実際に手にとって古代のロマンを十分に楽しんでください。また、交通安全、体調管理に十分注意し、コミュニケーションをよくとり、成果が出せるよう班長を中心に頑張りましょう。」調査部長からの挨拶に胸が高鳴ります。

 

【調査開始】

重機でトレンチを入れて、遺跡内容を慎重に確認していきます。

 

【調査の様子 その1】

バケツやポンプで水を汲み出しながら、ぬかるみの中、トレンチ北側で遺構や遺物を追求します。

 

【調査の様子 その2】

前回の内容確認調査で、土器が集中してみつかった地区に続く場所を確認しています。これから発見される遺構の内容を考える糸口がみつかるかもしれません。

カテゴリ:ねごや遺跡

ページのトップへ