トップ > 調査情報 > 東信 > 北裏遺跡群 > 北裏遺跡群(2)~最新遺跡情報

北裏遺跡群

ふりがな
きたうらいせきぐん 
住所
佐久市伴野字北裏  マップ
立地
千曲川支流の片貝川左岸の台地上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・23年 
時代
旧石器・縄文・弥生・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡・墓跡 
備考
 

2010年7月22日

北裏遺跡群(2)~最新遺跡情報

県道相浜本町線に近い場所には150以上の柱穴群が見つかりました。遺物がほとんど出土しないため、時期がわかりませんが、古代以降の柱穴群と考えています。

柱穴の断面です。しっかりとした掘りこみが確認できます。

方形周溝墓です。人が並んでいる低い部分が周溝、その内側がお墓になります。お墓の部分は削られていて残っていませんでした。

水が溜まった方形周溝墓の周溝です。今年は雨が多く毎日のように発掘現場が水没してしまいます。

カテゴリ:北裏遺跡群

ページのトップへ