トップ > 調査情報 > 東信 > 馬越下遺跡 > 馬越下遺跡(2)~最新遺跡情報

馬越下遺跡

ふりがな
まごえしたいせき 
住所
佐久穂町大字千代里  マップ
立地
八ヶ岳から東に伸びる尾根末端部の河岸段丘上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・24年4月 
時代
縄文・古代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2010年6月25日

馬越下遺跡(2)~最新遺跡情報

平安時代の竪穴住居跡です。平面で形が分かりづらいので、まず細長く試し掘りをして床跡や壁跡を確かめているところです。

平安時代の竪穴住居跡の発見状態です。黒褐色の土を掘り込んで作られた住居には黒い土が埋まっており、発見には手こずりました。

さっそく黒い色の土を掘り始めます。

なんと西側の壁近くから鉄製の鎌(かま)が見つかりました。

さらに同じ住居跡から鉄製の刀子(とうす)(現代の小刀)も見つかりました。

カテゴリ:馬越下遺跡

ページのトップへ