トップ > 調査情報 > 東信 > 小山寺窪遺跡 > 小山寺窪遺跡(5)~最新情報

小山寺窪遺跡

ふりがな
こやまてらくぼいせき 
住所
佐久穂町大字高野町  マップ
立地
八ヶ岳東麓、千曲川支流の北沢川右岸段丘上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成20-23年 
時代
縄文・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2009年10月26日

小山寺窪遺跡(5)~最新情報

 
調査区を北側から見た様子です。画面中央右寄りに掘立柱建物跡が見えます。

掘り終わった南北にのびる溝(SD07)です。北側の来年度調査予定地に続いていて、長さは100m以上あると思われます。

 溝(SD07)の底から出土した古代の須恵器です。溝の時期を考える上で重要な資料です。

カテゴリ:小山寺窪遺跡

ページのトップへ