トップ > 調査情報 > 東信 > 北裏遺跡群 > 北裏遺跡群(6)~最新遺跡情報

北裏遺跡群

ふりがな
きたうらいせきぐん 
住所
佐久市伴野字北裏  マップ
立地
千曲川支流の片貝川左岸の台地上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成22年・23年 
時代
旧石器・縄文・弥生・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡・墓跡 
備考
 

2011年1月20日

北裏遺跡群(6)~最新遺跡情報

発掘調査が終了しました。
 
調査の最終段階で、弥生時代後期の木棺墓が発見されました。木棺は大きさ150cm×55cmほどの長方形です。壺・甕などの土器がほぼ完全な形で出土しています。焼土の塊も確認されるなど、当時の埋葬事例として貴重な発見となりました。

カテゴリ:北裏遺跡群

ページのトップへ