トップ > 調査情報 > 東信 > 小山寺窪遺跡 > 小山寺窪遺跡(3)~最新遺跡情報

小山寺窪遺跡

ふりがな
こやまてらくぼいせき 
住所
佐久穂町大字高野町  マップ
立地
八ヶ岳東麓、千曲川支流の北沢川右岸段丘上 
事業名
中部横断自動車道建設 
調査期間
平成20-23年 
時代
縄文・古代・中世 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2011年1月20日

小山寺窪遺跡(3)~最新遺跡情報

発掘調査が終了しました。
 
5月から調査を開始し、12月2日に調査を終了しました。昨年度検出されていた古代の大溝のほか、掘立柱建物跡や竪穴建物跡、井戸、柱穴群、溝などをともなう中世の集落跡が検出されました。雨が降るとぬかるみ、晴れると土はすぐ堅くなってしまうので、調査は大変でした。

カテゴリ:小山寺窪遺跡

ページのトップへ