トップ > 調査情報 > 北信 > 黒部遺跡・二ツ石前遺跡 > 黒部遺跡 平成26年度調査情報(2)

黒部遺跡・二ツ石前遺跡

ふりがな
くろべいせき・ふたついしまえいせき 
住所
上高井郡高山村大字高井  マップ
立地
樋沢川左岸の扇状地上 
事業名
県営中山間地総合整備事業関連 
調査期間
平成26年4月-5月、平成28年4月-6月  
時代
縄文・古代 
遺跡の種類
散布地 
備考
 

2014年6月16日

黒部遺跡 平成26年度調査情報(2)

-黒部遺跡の調査が終了しました-

4月から実施していました黒部遺跡の調査は5月末で終了しました。調査では住居跡や土坑といった遺構は検出されず、縄文時代の石鏃1点とわずかな土器小片が出土したのみでした。遺跡の中心は今回の調査範囲の外にあると考えられます。

 

【遺跡遠景】

遺跡北西の松川対岸から黒部遺跡を望む。

 

【道路拡幅部分の調査状況】

現道直下が地山の黄褐色土となり、遺構はありませんでした。石鏃(やじり)が1点と土器が数点出土したのみでした。

 

【確認調査の調査状況】

確認調査は、ほ場整備対象地に2mのトレンチ(溝)を22本掘って遺構や遺物の確認を行いました。遺構は検出されず、一部のトレンチでわずかに土器片が出土したのみでした。

 

【出土した石鏃】

黒曜石製の石鏃で先端部が欠損しています。

カテゴリ:黒部遺跡・二ツ石前遺跡

ページのトップへ