トップ > 調査情報 > 北信 > 上五明条里水田址 > 上五明条里水田址 > 上五明条里水田址 2022年度発掘調査(1)

上五明条里水田址

ふりがな
かみごみょうじょうりすいでんし 
住所
坂城町上五明  マップ
立地
千曲川左岸の沖積地 
事業名
一般国道18号坂城更埴バイパス(坂城町区間)改築工事 
調査期間
2021年9月~ 
時代
古代 
遺跡の種類
集落跡、水田跡 
備考
 

2022年6月2日

上五明条里水田址 2022年度発掘調査(1)

【令和4年度の調査が始まりました】

 4月15日から開始した発掘調査は、6月~8月の休止期間をはさみ、11月末まで行う予定です。昨年度は竪穴建物跡18軒を主体とした、平安時代後期の集落跡及び千曲川の氾濫により埋没した水田跡がみつかりました。今年度も集落や水田に関係する遺構の発見が予想されます。

 

 

 

 

【平安時代の竪穴建物跡を発見】

 今年度調査で、竪穴建物跡が1軒みつかりました。形は隅丸方形で、大きさ6m×5m、深さ30㎝程度です。床からは坏や埦などの食器が出土しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調査を再開する9月以降どんな発見があるのか楽しみです。

 

上五明発掘たより№2(PDFデータ:685KB)

上五明発掘たより№3(PDFデータ:735KB)

カテゴリ:上五明条里水田址,未分類

ページのトップへ