トップ > 調査情報 > 北信 > 南大原遺跡 > 南大原遺跡 2020年度整理情報(1)

南大原遺跡

ふりがな
みなみおおはらいせき 
住所
中野市上今井字南大原  マップ
立地
千曲川右岸 
事業名
県道三水中野線建設関連 
調査期間
2019年4月- 
時代
縄文・弥生 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2020年5月20日

南大原遺跡 2020年度整理情報(1)

【石器から鉄器へ】

南大原遺跡は、弥生時代中期後半から後期前半の集落跡です。 弥生時代は、鉄器や青銅器の金属器が日本列島に広まりました。長野県では、中期まで主体的だった石器が後期になると次第に金属器に移り変わっていきます。 整理作業では約150点の石器を確認しましたが、そのうち今回は、石器から金属器へ技術革新が起こった頃の石器を紹介します。

【砥石】

中期の竪穴建物跡から出土しました。中央部が研ぎ面に利用され滑らかになっています。鉄器用なのか磨製石器用なのか、今後、砥ぎ面の細かな観察で明らかになるかもしれません。

【打製石鏃】

中期と後期の竪穴建物跡(たてあなたてものあと)から出土しました。まだ縄文時代と同じように打ち欠いて作られた石鏃が使われています。 この時期には、基部中央が突き出ている有茎石鏃(ゆうけいせきぞく)が多く見られます。

【磨製石鏃】

出土した磨製石鏃4点の内、3点は後期前半の竪穴建物跡から出土したもの(写真左)です。全体を磨き上げ、基部中央に矢の柄に装着するための小さな穴があけられています。

【磨製石鏃未製品】

弥生時代後期前半の竪穴建物跡からは、磨製石鏃の未製品や素材の石片が出土しているので、建物内で石鏃を製作していたことも想定されます。

【磨製石斧(ませいせきふ)と石鎚(いしづち)】

中期の溝跡などから出土。 いずれも石材は深緑色をした非常に硬い輝緑岩(きりょくがん)です。石槌(写真左端)は磨製石斧の刃が折れたものを再利用した石器で、表面に何かを敲いた痕跡があります。

【刃器(じんき)】

弥生時代中期の竪穴建物跡から出土。 大きく割った石片の鋭利な縁をそのまま刃として使った石器です。刃の部分に光沢が見られることがあり、稲を刈るなどの道具であったためと考えられています。

カテゴリ:南大原遺跡

ページのトップへ