トップ > 調査情報 > 中信 > 氏神遺跡 > 氏神遺跡 2020年度 調査情報(4)

氏神遺跡

ふりがな
うじがみいせき 
住所
東筑摩郡朝日村西洗馬向原1845-1ほか  マップ
立地
鎖川の支流 内山沢左岸の段丘上 
事業名
朝日村向原地域道路等整備事業 
調査期間
令和2年4月ー7月 
時代
縄文・弥生・古代 
遺跡の種類
集落跡 
備考
 

2020年6月9日

氏神遺跡 2020年度 調査情報(4)

【縄文時代の竪穴(たてあな)建物跡完掘!】

竪穴の中からみつかった柱穴や溝の跡の位置、大きさや深さ、埋まった土の特徴などから、この竪穴はからへ、からへというようにつくりかえられた竪穴が2軒重なっていることがわかりました。
【掘立柱建物跡と四角い竪穴建物跡】

長方形に並んだ黒土で埋まった円い穴がみつかりました。これらは掘立柱建物跡の柱穴です。柱穴の中から内面黒色の土器片が出土しました。 左隣には、一辺4mほどの四角い竪穴建物跡がみえます。

【四角い竪穴建物跡】

この四角い竪穴建物跡は、煙出しがついていることから、室内にカマドがある建物跡であることが確認できました。灰の釉薬(うわぐすり)をかけた陶器や、羽釜(はがま)などの遺物から、この竪穴建物は平安時代中期、およそ1,000年前のものであることがわかりました。



竪穴の奥に見える出っ張り部分を精査してみると、土器片や割れた川原石、崩れた粘土のかたまりが出てきました。

川原石を芯材にして粘土をアーチ状に被せたカマドがあったと考えられます。

【カマドのイメージ】

(『三角原遺跡』長野県埋文2005より)

うじがみ遺跡ニュースvol.4 2020年6月発行(PDF1.12MB)

 



 

カテゴリ:氏神遺跡

ページのトップへ